体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

むしろ男子飲み会向け。ベトナム料理「フォーン ヴィエット」【京都】

f:id:mesitsu_la:20170810160712j:plain

「飲み」シーンにベトナムの風を。こんにちは、メシ通レポーターのナガオヨウコです。

一般的に、ガッツリ食べ飲みとか、男子一人飲みとか、宴会とかで「ベトナムのお店に行こうぜ」とは、なかなかならないんじゃないかと思います。街のベトナム料理店って、カフェっぽい雰囲気のところや、メニューの数が少ないところが多いですからね。

しかし、「ウマい料理をアテに飲みたい」「いつもと違う飲みシーンを開拓したい」なら、今回ご紹介するベトナム料理店を大プッシュいたします。

エスニック系といえば、タイ料理の方がポピュラーですよね。タイ料理は、ナンプラーやハーブ、酸っぱさや辛さがストレート。そのストレートさをミックスしながら食べるもんですが、ベトナム料理はもうちょいあっさりなんですよ。

現地仕込みのベトナム料理

f:id:mesitsu_la:20170810160701j:plain

京都の、烏丸押小路を東にぐいんと入ったとこにある「フォーン ヴィエット」。地下鉄「烏丸御池」から徒歩3分の、アクセスしやすい場所にあります。

f:id:mesitsu_la:20170810160727j:plain

出迎えてくださったのは、オーナーの越田正勝さん。

越田さんがこちら「フォーン ヴィエット」をオープンしたのは2000年のこと。

「カバンの資材などのデザイナーとして会社勤めをしていたのですが、30歳までがむしゃらに働いたので、サラリーマンはもうええかなと思って退職しました。それで、とりあえず、ベトナムに行ったんですよ。

旅行先としてベトナムを選んだのは、大きな理由はありません。『ダーツの旅』みたいな感じで選んでしまっただけです(笑)。『ベトナムか、ビザ代だけで2万円もかかってしまうなぁ、大変やわ』って思いながら準備をしましたね。

いざベトナムに着いたものの、2日か3日でビーチに飽きて。で、ホーチミンの料理教室に通うことにしました。朝から晩まで習うのは大変なので、午前中だけ料理を習うことにしました。僕はもともと料理が好きで、50人くらいのバーベキューを仕切るなんてこともやっていたんですよ。

午後からは屋台でビールを飲んでだらだらしてたら、『自宅で宴会があるから、準備を手伝わないか』って声がかかるようになって。ベトナムの家庭の味を学ぶことができました」

その後、越田さんは料理レッスン+家庭料理のお手伝いで約1カ月×8回の渡航を約1年間続け、現地の味をしっかり学んだそうです。

f:id:mesitsu_la:20170810160703j:plain

店先のプランターには、植物がわさわさ。奥のススキみたいなのはレモングラス。マメ科ぽい葉っぱは「ベトナムの植物の種をまいたんだけど、何の種かわからへん」と、越田さん。ベトナムの植物に詳しい方、誰か教えてください。

f:id:mesitsu_la:20170810160702j:plain

これはオリエンタルバジルという、バジルの一種。よくあるスイートバジルとは香りが全然違う、まさにオリエンタルな香り。フォーやサラダに入れることもあるそうです。

f:id:mesitsu_la:20170810160704j:plain

では中に入ってみましょう。ライムグリーンの壁がベトナムっぽいな! エスニック気分を盛り上げてくれます。

テーブルと椅子は紫檀(したん)。紫檀の家具ってむちゃくちゃ高級じゃないですか!! ハノイから運んできたそうです。

f:id:mesitsu_la:20170810160705j:plain

奥には、靴を脱いで上がるお座敷席もあります。

f:id:mesitsu_la:20170810160706j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。