ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【シェネル】 節目を迎え、7年振りに目指す“世界”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『Destiny』のヒットも記憶に新しいシェネルが、実に7年振りとなるインターナショナルアルバム『メタモルフォーゼ』を完成させた。ラブソング・プリンセスが歌う“私の居場所”とは? 本人に訊いた。
 (okmusic UP's)
──デビュー10周年という節目に、7年振りとなるインターナショナルアルバムで世界にチャレンジしようと思ったのはなぜでしょうか?
「ひとつには、日本での活動が忙しかったから。間を開けることなくアルバムを出し続けてきて、それに伴うライヴやプロモ活動に専念していたし、正直なところ“いい作品が出せないんじゃないか”“人に気に入ってもらえる作品が自分には作れないんじゃないか”という恐怖心も、私の中にずっとあったからだと思う。」
──それを克服できた?
「そこから学んだのよ、“じゃあ、いい作品、いい音楽って何?”って(笑)。“作ってみないと分からないじゃない”と自分に言い聞かせて、とにかくありのままの自分を出した作品を作ってみようと思った。自分にできることは、心から作りたいと思う作品に最善を尽くすことだから。アーティストとして表現をする才能を与えられた以上、やってみるべきだと思ったの。」
──『メタモルフォーゼ』は各楽曲の降り幅が大きく、スケールの大きい世界の音楽を自由に取り込んだゴージャスなサウンドになっていますね。
「時間の経過とともに経験を積んで、ひとりの人間として成長して、いろいろな物語が自分の中で蓄積されていく。その全てが今作の曲作りやサウンドに反映しているわね。特にここ数年間に影響を受けてきた音楽がサウンドにつながっていて、聴いた時に私が心から“これだ”と思えるものかにこだわった。私が伝えたいことを表しているのか、私の伝えたいメッセージ、身も心も表しているのか…ってね。」
──オープニングを飾る「Home」では、これまでの環境から一歩踏み出した場所を“私の居場所”だと歌っていますが。
「だから、この曲をアルバムの1曲目にしたの。“みんな、これはシェネルが自分らしくいられる居場所を見つけて、ありのままをみんなと共有して、みんなにも楽しんでもらいたいという思いを込めた作品です”と、アルバムを紹介しているのよ。これが私にとっての“Home”よ。これまで歩んできた道のりを経て、ようやく自分の居場所に辿り着いた。それをすごく実感しているわ。」
──「Liquor Story」は、失恋の悲しみからお酒に溺れていく女性の姿を描いていて。
「まず言っておきたいのは、私は決してアル中ではないわ。でも、普通にお酒は飲むし、過去に無駄だと分かっていても悲しみをお酒で忘れようとしたことがあるかと言えば、当然ある(笑)。その日ばかりは辛いことを忘れたくて、憂さ晴らしにお酒を飲むのはよくあるでしょ。それは世界中の人が共感できること。この曲に関しては、まず歌詞の観点がこれまでのものと違って面白いと思ったの。」
──「Afterlife」「Lie To Me」「Hand It Over」の3曲では、ブルーノ・マーズから日本や韓国のアーティストまで手掛けるThe Stereotypesをプロデューサーに迎えています。
「アルバムの他の曲と並べても違和感のない、それぞれ違う特徴の3曲にしたいと思ったの。まずトロピカルなダンスホールっぽい曲が欲しくて「Lie To Me」を作った。あと、『サマソニ』のようなフェスで歌うのにぴったりな雰囲気のポップな曲が作りたくて「Afterlife」。そして、楽器を豊富に取り入れたファンキーなバンドサウンドが欲しくて「Hand It Over」と、それぞれに思い描いていたイメージがそのままかたちになったと思う。すごく満足しているわ。」
──「Kiss」のように情熱的なサウンドの楽曲は、母語である英語のほうがより明確に表現できるものだと思いますか?
「今年の6月にリリースしたアルバム『Destiny』に入っている曲の多くは、もともと英語で書かれた歌詞を日本語に変えて歌ったものだったの。それまでのラヴソングを中心としたJ-POPアルバムでの曲作りと比べると、ちょっとした逆転現象だった。ただ、それは単純に違うというだけで、表現しやすい、しがたいということではないと思うわね。」
──「Remember My Name feat. MIYAVI」には、タイトル通りMIYAVIが参加していて、本作を締め括るに相応しい大曲ですね。
「MIYAVIは自身の音楽性が確立されたアーティストであって、独自のサウンドがある。それを発揮してもらいつつ、良いバランスで私の世界と共存させたいと思ったの。魔法のような、素晴らしい新境地を切り開いた曲になったと思う。彼には本当に感謝しているし、夢のような曲よ。」
──確かにシェネルさんの歌の凄味も存分に堪能できる名バラードですよね。
「私の性格、表現、視点…私らしさが存分に出ていると思う。この『メタモルフォーゼ』は、私ならではのいろいろな歌い方も聴いてもらえるアルバムね。曲によって曲調のムードや雰囲気が違う。みんなが食べ切れないくらいたくさんの料理を用意した、そんな気持ちよ(笑)。」
──“メタモルフォーゼ”は変化や変身を表する言葉ですが、今後はどのような活動を?
「まず、今作をできるだけ多くの人に知ってもらいたい。そして、日本でできるだけ多くの人の前でパフォーマンスをしたいわ。生でパフォーマンスをすることが一番輝ける瞬間だと思うし、ステージ上こそが一番心地良い場所。自分が空を飛んでいるような気持ちになれる、自分の居場所だって。だから、まずはできるだけ多くの人の前でパフォーマンスをしたいわね。」
──日本では11月に『10th ANNIVERSARY JAPAN TOUR』の開催が決定していますね。
「今回は日本では初めてのバンドでのライヴになるから、ステージ上で本当に息の合った演奏をみんなに見てもらえるのが嬉しいわ。来てくれた人にはとにかく楽しんでもらいたいし、一緒に歌って、音楽の世界に浸ってほしい。今回の演出は夫のGが手がけていて、最高のショーになるよう相談しているところよ。『メタモルフォーゼ』の曲を中心に披露するつもりだけど、もちろんこれまでのヒット曲もやる。曲について深い話もいろいろできると思っているから、みんなぜひ楽しみにしていてね!」
取材:杉岡祐樹
アルバム『メタモルフォーゼ』
2017年9月6日発売

Virgin Music

UICV-1087

¥2,200(税抜)
『シェネル 10th ANNIVERSARY JAPAN TOUR 2017』
11/13(月) 大阪・ビルボードライブ大阪

11/17(金) 神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホール(かわさきジャズ2017)

11/20(月) 愛知・名古屋ブルーノート
シェネル
マレーシア生まれ、オーストラリア育ち。アメリカのメジャー“キャピトル・レコーズ”と契約し、洋楽アーティストとして 2007 年にアルバム『シェネル(原題:Things Happen For A Reason)』で世界デビュー。同アルバムに収録の「ラブ・ウィズ・DJ(原題:I Fell In Love With The DJ)」は日本でも大ヒットし、ゴールドディスク大賞で新人賞に輝いた。11 年、TEE の名曲を英語詞でカバーした 「ベイビー・アイラブユー」が記録的な大ヒットし、J-POP の世界でも活躍。17 年、34冠の大ヒットシングル「Destiny」(TBS 系 金曜ドラマ『リバース』主題歌)を収録した、ニューアルバム 『Destiny』がロングヒット中だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。