ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Bunkamuraドゥマゴ文学賞が決定 受賞作は松浦寿輝氏『名誉と恍惚』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Bunkamuraドゥマゴ文学賞が決定 受賞作は松浦寿輝氏『名誉と恍惚』

Bunkamuraが主催する、「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」が決定し、小説家や詩人、批評家として知られる松浦寿輝さんの『名誉と恍惚』(新潮社刊)が受賞した。

この賞は、パリの歴史ある文学賞「ドゥ・マゴ賞」の名を冠した文学賞。既成の概念にとらわれることのない、新しい才能の発掘を目的に1990年に創設された。小説、詩、評論、戯曲を対象に、年に一度発表されるが、ユニークなのは毎年異なる一人の選考委員が受賞作を決定する点だ。

今年は翻訳家・評論家の川本三郎氏が選考委員を務めたが、昨年はロシア文学者の亀山郁夫氏が(受賞作は中村文則氏『私の消滅』)、一昨年は作家の藤原新也氏が(受賞作は武田砂鉄氏『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』)大役を果たした。

『名誉と恍惚』は、日中戦争当時の上海を舞台にした、長編小説。現地の工部局に勤める日本人警官・芹沢は、陸軍参謀本部の嘉山と青幇(チンパン)の頭目・蕭炎彬(ショー・イーピン)との面会を仲介したことから、警察を追われることとなり、苦難に満ちた潜伏生活を余儀なくされる。祖国に捨てられ、自らの名前を捨てた芹沢の、生き残りをかけた孤独な闘いを描いている。

川本氏はこの作品について

「ドゥマゴ文学賞の選考委員を引受けた時、何よりもまず「いい文章」を選ぶことを心した。

現代の小説にはあまりに軽い、深みのない文章の作品が多いから。

松浦寿輝さんの文章は、濃密でありながら端正、重厚でいて明晰、混沌雑然とした上海を描きながら乱れがない。

久しぶりにいい文章を読む歓びを味わった。」

としている。

本賞では、正賞として賞状とスイス・ゼニス社製時計が、副賞として100万円が贈られる。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

話題の小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』、読者を引き付ける“文章の工夫”とは?

「プロフィール非公開」の作家が書店で対峙した思わぬ出来事とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。