ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

本物のヴァイオリンを見抜く目。日本弦楽器の魅力を分析

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ヴァイオリンと言っても、手の届く金額のものから、時に何千万、何億円という価格がつくヴァイオリンが存在します。
オールドヴァイオリンは、楽器であると同時に木工芸術品とも言えるでしょう。
今回はオールドヴァイオリンを専門的に取り扱う「日本弦楽器」を徹底的に紹介させていただきます。

▶︎日本弦楽器のホームページへ
(※このコンテンツは株式会社日本弦楽器の提供でお送りします。)

オールドヴァイオリンとは?

null

そもそもまずオールドヴァイオリンについて簡単にご説明します。
ヴァイオリンとして世に送り出されることとなった歴史的年代である、1500年代~1800年初頭につくられたモデルは「オールドヴァイオリン」と呼ばれています。
オールドヴァイオリンの定義としては1800年台前半までのバロック形式で製作されたものと定義されています。
現代では作ることのできないものとして、骨董的価値もあるものがオールドヴァイオリンの魅力とされ、今もなお高額な値段で取引されています。
初期のオールドヴァイオリンの多くは16世紀半ばごろから18世紀にかけて、イタリア全土で作られています。
アマティ、ストラディヴァリウス、グァルネリの作ったヴァイオリンは三大銘器と呼ばれ、数多くのヴァイオリン商やヴァイオリニスト達を魅了しています。

オールドヴァイオリンの場合、現代のモデルとは違い制作地・制作年代・制作者名のなどにより、買取価格が決まります。主に古い大型モデルほど希少価値が高く、保存状態がよければもちろんより高く売れるでしょう。
基本的にオールドヴァイオリンの買取価格はどの楽器店も詳しくは記載できません。その状態などを実際にヴァイオリンをを見てから決めるものです。国際相場はあるものの、具体的には鑑定士の判断によります。
しかし、銘器のオールドヴァイオリンは何千万円をも超える価格がつくものが存在しているということだけは知っておいてもいいでしょう。

日本弦楽器とは

top_a0
出典:株式会社日本弦楽器

1988年オールドヴァイオリンを中心とする弦楽器輸入卸会社として渋谷区代々木にて創業した日本弦楽器。
信用と実績を積み重ね、輸入販売会社として銀座4丁目(中央通り)で営業中。
ヨーロッパ製楽器のみの取り扱い、特にイタリアン・オールドヴァイオリン、フレンチ弓の取り扱いを得意としています。
代表の佐藤氏は本を出版するなど業界的にも有名な方なのです!

それでは日本弦楽器の魅力についてご説明させていただきます!
▶︎日本弦楽器のホームページへ

日本弦楽器の魅力① 買取

日本弦楽器では、ヴァイオリンや弓の買取を行っております。
高額なヴァイオリンから普及品まで、その場で現金にて買取をしてもらうことが可能。経験豊富な鑑定士が適正な価格にて査定してもらうことができます。
実際に現物を見て査定する時間は、ほんの数分!日本弦楽器では、それほどまでに鍛えられた鑑定眼でヴァイオリンを鑑定してもらうことが可能なのです。
不要になってしまったヴァイオリンや、新しく楽器を買い換えるために下取りに出したいヴァイオリンや弓を持っている方は、日本弦楽器へ相談してみましょう。査定料は無料となっております。
買取は、ヨーロッパ製(イタリア、フランス、ドイツ、チェコ、イギリス、その他)の楽器、弓に限り取り扱いなので注意!
不明なものについては電話やメールにて問合せすることをお勧めします。

【お問い合わせはこちら】  03-5524-0400
03-5524-0400

日本弦楽器の魅力② 販売

日本弦楽器は、海外のヴァイオリンディーラーとの信頼関係が厚く、商品ルートを確立していることから、国内有数のオールドヴァイオリンの取扱数を誇っています。
代表の佐藤氏が長年培ったヴァイオリンの鑑定眼を基に、歴史的、芸術的、価値のあるヴァイオリンを世界中から厳選し、多くの人に満足を提供しています。
佐藤氏の選定したヴァイオリンの中で、運命のヴァイオリンと出会うことができるかもしれません。

▶︎楽器の在庫を確認する

日本弦楽器の魅力③ 修理

ヴァイオリンの販売や買取だけでなく、銀座店内の自社工房で楽器の修理・調整もしてもらうことが可能です。
さらには付属品や専門書の取り扱い、出版物等、ヴァイオリンに関する様々なニーズに応えてくれます。
オールド・ヴァイオリンを知り尽くした経験豊富な職人さんが、細部まで行き届いた修理調整をすることで、あなたのヴァイオリンを蘇らせます。
引き続きヴァイオリンを使い続ける人も、今後買取を予定している人も、メンテナンスも兼ねて相談しに行くのもいいでしょう。売るまでは、保管方法に気を付けておくだけで価値は保てます。
遠方の方でも、楽器を送って、修理してもらうことも可能なので気軽にご相談してみるとよいでしょう。

主な修理内容とその費用は下記表になります。

日本弦楽器:修理・調整_ - http___www.nippon-gengakki.co.jp_n出典:株式会社日本弦楽器 日本弦楽器:修理・調整2_ - http___www.nippon-gengakki.co.jp_n出典:株式会社日本弦楽器

店舗案内

銀座店
スクリーンショット 2017-08-30 18.25.07出典:株式会社日本弦楽器

▶︎店舗案内を見る

ヴァイオリンを売るときの注意点

高価なヴァイオリンには鑑定書がついているケースも多いと思います。鑑定書がある場合は本体と一緒に鑑定書を必ず一緒に持っていきましょう。
また、金額に納得できて、日本弦楽器に買取してもらう際は、代金をすぐに現金にてもらうこととなるので、免許証、パスポート等の身分証明書と印鑑も忘れずに持参するようにしましょう。
特にオールドヴァイオリンの場合は専門店で査定をしてもらわなければ、専門的な査定はほぼ不可能なので、専門的な査定士に相談できる日本弦楽器と話し合ってから買取を決めましょう。
オールドヴァイオリンというだけで希少価値は高いものですが、保存状態が悪いと減額ポイントになってしまいます。良い楽器は管理もしっかりと行き届いているものです。

オールドヴァイオリンと付き合っていく上で

main出典:株式会社日本弦楽器
いかがでしたでしょうか?日本弦楽器の魅力は伝わりましたか?
オールドヴァイオリンを手に入れることはヴァイオリニストにとっての永遠の憧れです。
オールドヴァイオリンの購入はもちろん、手持ちのヴァイオリンの修理や、買取など、オールドヴァイオリンと付き合っていく上で日本弦楽器はヴァイオリン生活のパートナーとして理想的な専門店と言えるでしょう。
もしも手持ちのオールドヴァイオリンを手放すのであれば、日本弦楽器の店員さんとじっくり話し合い、買取するかどうかを決めましょう。
きっとあなたのヴァイオリンも適正な価格で愛情を持って査定してもらえることでしょう。

▶︎日本弦楽器のホームページへ

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。