体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男くさい「野郎メシ」でもインスタジェニックな料理写真に見せてしまう撮影法

f:id:Meshi2_IB:20170624103714j:plain

こんにちは。メシ通レポーター、カメラマンの工藤です。

日頃、数々のグルメ撮影をしている私ですが、普段の一人メシってすごくシンプルなんですよ。女性で「シンプル」っていったら、グリーンスムージーとかアサイーボウルって思われるかもしれないんですが、

私の場合はほとんどおっさんです。

特に時間がない時は、カレーとか麺類が中心っすね。カップラーメンって時もあるんですよ。そんな地味な一人メシの時って普段は写真撮ったりしないで、友達と一緒のキラキラメシの時だけインスタにアップしたりしてるんですけど。

でも、もしかして私のカメラマンとしての腕をもってしたら、そんな「おっさんメシ」も素敵なインスタ風写真にできるかも? 「インスタに載せるメシなんて食ってね〜よ!」なんて方の参考にもなるんじゃないかしら? と思った次第でして。

そんなわけで、「普段食べているような男くさーい野郎メシでも、無理なくインスタデビューできてしまう写真術」を伝授してみようと思います!

ちなみに、今回の写真はいつもの仕事用の一眼レフカメラではなく、すべてiPhoneで撮影したものです。

その1。とりあえず、おいしそうなところをアップ!

普段、地味メシに甘んじている私でも、時々ちょっと豪華なご飯を食べることもあります。そんな時は、そのご飯の、一番おいしそうなところをアップで撮ります!

f:id:Meshi2_IB:20170624222946j:plain

うな重!

余計なサイドメニューは写さなくていいので、ひたすらおいしそうなうなぎの蒲焼のボディを「どアップ」で撮りましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170624223324j:plain

牛鍋!

横浜の老舗の牛鍋ランチです。一般的にはすき焼きですね。普段食べられない柔らかな霜降り和牛をアップにします。

まあ、これらはごちそうで、普段はもっと地味メシですよね。

f:id:Meshi2_IB:20170624223530j:plain

焼肉弁当!

おいしいんですが、控えめに焼肉が入ったごく普通のお弁当です。

でも、肉部分だけをクローズアップすれば、「うまそ〜!」と言われること間違いなしです。

その2。青味を入れよう。パクチーならなお良し

青ネギなどで、料理にアクセントをつけるとグッと画面が華やかになります。

外食のとき、トッピングできる場合はぜひ!

例えば……

f:id:Meshi2_IB:20170624231700j:plain

某チェーン店のかけうどん+野菜かきあげ。

ここは、青ネギが盛り放題なのです。ぜひ、真ん中にこんもりと乗せましょう。

また、この写真は、この次の章で書く「見せたいところにだけピントを合わせてまわりはぼかす」というテクニックも使ってあります。

f:id:Meshi2_IB:20170625003127j:plain

納豆ごはん。

地味極まりない納豆ごはんも、青ネギを乗せて渋めの付け合わせを入れ込んでぼかせば、あわよくば「意識高い系男子の健康的な朝食」に見えるかもしれません。

さて、世間はパクチーブーム。特に女子人気が高いのです。

なので、パクチーがある場合はぜひ乗せましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170624233119j:plain

鶏団子スープ。

パクチーの緑と唐辛子の赤が鮮やかです!

f:id:Meshi2_IB:20170624233250j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。