ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

菅原小春、往復5時間かけて高校に通学して良かった事

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

菅原小春、往復5時間かけて高校に通学して良かった事
J-WAVEで放送中の番組「TDK SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。9月1日(金)のオンエアでは菅原の自宅から放送しました!

この最近、とにかく忙しかったという菅原。冒頭では“今、一番やりたい事”に関する話になりました。

「とにかく、作文を書きたいんです。それぞれの出来事に思いがあるのに、深く思うことのないまま、良い時間を一瞬ずつ過ごしちゃったから、『作文を書きたい』って思って…」

そう語る菅原は、6月に引っ越して、単独公演に関する打ち合わせ、曲作り、振り付けをしているうちに7月に突入。ロンドンに行って撮影したあと、帰ってきたその日に別の撮影を決行。さらに、「FNSうたの夏まつり」(フジテレビ)の打ち合わせ、リハーサル、振り付けをして、秋田の仁賀保中学校でワークショップを行い、韓国にも行って、単独公演と「FNSうたの夏まつり」の本番、ドイツに10日間滞在、絵と音と舞による舞台「日本神話 by マークエステル」の公演などなど…多忙の毎日だったそうです。

「日本神話 by マークエステル」では、菅原は「八俣の大蛇退治」のお話で、大蛇に襲われそうになる姫の役で登場。姫を助けに来るスサノオ役を、ミュージカルやコンテンポラリーダンスで活躍している辻本知彦さんが演じました。

菅原は、辻本さんには相当な影響を受けたそうで「辻本さんと話していて、ダンスに対する概念を180度ひっくり返されました。『ダンスって深いな』と初めて思ったかもしれないです。辻本さんと練習できていなかったら、ダンスの面白さを分からないまま、あっけなく体を壊して終わってたな…って思います。本当に感謝してます」と菅原。

また、「舞台というステージで存在するには、どういうエネルギーを出したらいいのか、3階席にいる人たちへのエナジーを、どのようにして出していったらいいのか…など、たくさんの事を辻本さんに教えてもらいました。『ダメ』『ダサい』といったことを、ひとつずつ言ってくれて、練習しながら確かめてくれるんです。私もこんな風に舞台に立てる人になりたい」と語りました。

後半は、リスナーからのメッセージを紹介しました。

中学の頃から陸上競技に励み、現在は普通の会社員として働きながら続けているものの、そのスタイルになかなか前向きになれません。大学などの恵まれた環境でできる人を羨ましく思ってしまったり、まわりと比較してしまったりして落ち込みます。小春さんのダンスの動画を見ては元気をもらっています。小春さんの堂々としたパフォーマンスからは、気迫や自信が伝わってきます。僕も小春さんのように、堂々とブレない軸を持って頑張りたいです。

環境に関して菅原は、「恵まれた環境ほど辛いものはない」と語りました。「私はダンスがしたくて、高校の時は往復5時間かけて東京に通ってました。今になってみると、めちゃくちゃ大変だと思うけど、そのときは大変だと思ってなかったんです。『ダンスをやりたい』っていう気持ち以外は何もなくて。東京に住みたいと親と喧嘩したことはあったけど、毎日の5時間で『今日もやってやる』と思ってたし、自分にとって財産だと思っていて、恵まれていない環境で育ててくれた親に感謝だな、と思いました。楽な選択をとらせてもらえなかったことが、どれだけ良かったか…と今になって思います」とアドバイスしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TDK SUGAR WATER」
放送日時:毎週金曜 23時30分−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。