ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スマホ中毒を強制治療!スマホを格納しタイマー式ロックをかけられる「Phonecell」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
1日中スマホを眺めていて、気がついたらあっという間に1日が終わっていたなんて経験をしたことはないだろうか?もしくは、食事中に友人や家族がスマホばかりに目をやり、なんとも残念な気持ちになった経験はどうだろう?

今回紹介する「Phonecell」は、そうした我々人間の実生活を、より「人間的」なものに戻してくれるかもしれない。

・スマホ4台まで格納可能

Phonecellは、スマホに触れないよう格納してロックをかけられる小さな箱だ。中には最大4つのスマホが格納できる容量となっている。

正直なところ、ロックをしなければスマホを手放せないレベルというのは相当のものだと思うが、スマホ中毒の人には、もはや半ば強制的にスマホを切り離すくらいのことをしなければ効果はないのかもしれない。格納してタイマーをセットできるようになっており、その時間がやってくるまでスマホはお預けだ。

・ロック中に充電することも

箱の端には充電ケーブルを通す隙間が空いているため、ロックしている最中にも充電を継続することは可能だ。最終デザインはまだ確定していないようであるが、一見デザインはポップで、テーブルの上に置いておいてもそれほど違和感はなさそうだ。

なお、シンプルな箱といえど、タイマー式ロックなどの小型機械が詰まっているので本体の充電は必要だ。本体には20時間の連続利用が可能なバッテリーが搭載されており、Mini USBケーブルで充電することとなる。

PhonecellはKickstarterで2017年10月7日までキャンペーンを実施しており、1台20ユーロ(約2630円)で注文することができる。確かにある意味便利なアイテムといえるかもしれないが、できれば人間自身の理性で自分をコントロールできるような社会を願ってやまないのは、私だけではないだろう(自戒の念も込めて)。

執筆:Doga

Phonecell/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。