ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

冷却シートで一番剥がれにくかった「冷えピタ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
冷却シートで一番剥がれにくかった「冷えピタ」

風邪で熱がある時はもちろん、夏の暑い時期にも大活躍の冷却ジェルシート。密着力と温度変化を重点的に比較しました。4製品とも4時間を過ぎると乾燥して密着力が弱くなるので、パッケージにある冷却持続時間はあまり参考にならないでしょう。冷却シートで一番剥がれにくかったのは「冷えピタ」でした。

冷えピタはシートが剥がれにくい

今回、貼って試した冷却ジェルシートは、ライオンの「冷えピタ」と小林製薬の「熱さまシート」、テイコクファルマケアの「冷えデコシート」、白金製薬の「ひえひえ天国冷却シート」です。

まずは粘着力のテスト。すべて3回ずつ肌に貼って吸着力を弱めてから、天井に貼って2時間後の様子をチェックしました。そして肌に貼って、1時間後と5時間後の温度を測定。温度測定に使ったのは、-60~760度まで測定できる非接触放射温度計「MT-9」です。

そして、4製品の中で1位となったのが「冷えピタ」でした。ジェルは薄めですがシートは剥がれにくく、温度は1度の変化で留まりました。粘着力テストでも、密着して剥がれる様子はありません。ハーブを配合しているため、すっきりと爽やかな香り。実勢価格は410円(16枚)です。

熱さまシートの特徴はジェルが厚い

2位となったのは「熱さまシート」でした。この製品はジェルが厚いのが特徴。冷感ツブのおかげか、実際の温度より冷たく感じました。粘着力テストでは四隅が剥がれましたが、これなら許容範囲でしょう。ただ、湿布臭さと価格の高さがやや残念。実勢価格は360円(6枚)です。

3位は「冷えデコシート」となりました。サイズもジェルの厚みも、冷えピタとほぼ同じですが、こちらの方がやや剥がれやすいという結果。温度は唯一、31度台まで上がってしまいました。実勢価格は306円(18枚)です。

4位は「ひえひえ天国冷却シート」。何よりも剥がれやすいのが悔やまれるところです。シートの四隅にまでジェルが行き渡っていないため、そこから剥がれてしまうのでしょう。実勢価格は276円(16枚)です。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。