体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ人は書くことで変われるのか?自分の夢や希望を明確化するツール『逆算手帳』

昨年9月に発売され、口コミで広がった「手帳」があります。“夢が叶う”らしいと、主にミニマリスト系の人の間で評判になり、発売初年度にもかかわらず完売したという、その名も『逆算手帳』。頭やココロのなかを整理し“なりたい自分になる”ための手帳だそうです。

 出典http://www.gyakusan.net/

 

なぜ、夢が叶うのか…『逆算手帳』の開発者、コボリ ジュンコさんが実践する「逆算思考」とは、どのような考え方なのでしょうか? 9月5日に『逆算手帳』の2018年度版が発売されると聞き、取材に伺いました。

 ※開発者、コボリ ジュンコさん

 

逆算思考で夢を叶える

「逆算思考」は、(こうだったらいいな!)と思う未来を具体的に想い描くことから始まります。それは目標というより、毎日をごきげんに過ごすためのビジョン。そのビジョンを明確にして、夢と繋げてゆくツールが『逆算手帳』です。

 

実は、意外にも、みなさんは日頃から「逆算思考」をしています。予定通り行動するために何時までに某所へ行かなければならない。そのためには何時発の電車に乗り、何時に起きなければならない……という具合に、その日、果たすべき目的にむかって“逆算”しながら計画を立てているはずです。

 

『逆算手帳』は、人生の夢や希望を“逆算”しながら叶えてゆく手帳なのです。

 

手書きにこだわる理由

13年前、SE(システム エンジニア)だった私は、キーボードを叩く毎日で、手書きはとても苦手でした。字が汚いのがコンプレックスでしたし、アナログ的な手書きなど非効率だとも思っていました。

 

ところが、その後、独立してホームページ制作会社を立ち上げると、あまりの忙しさに自分を見失ったような生活になりました。そこで、「自分はいったい何がしたいのか?」と、手書きで記録をはじめると、混乱していた現状を整理でき、冷静にものごとを客観視できるようになりました。

 

(これはすごい!)と、それを機に逆算思考と手帳について研究をはじめて現在にいたるのですが、なによりも“手書き”にこだわる理由は、プリントアウトやキーボードで打ち込むよりも書くことで“念”がこもり、頭と手が記憶するからです。

 

人は「〇〇したい!」と思っても、日々、目の前の雑事に気を取られて忘れてしまいます。それをひとつひとつ記録することで、やりたかった事や夢をある程度、具体化させることができます。ただし、ここで大切なのは単語ではなく“文章”にすること。なぜならば、やりたいことが明確になっていないと文書にはできないからです。

 

イメージと具体的な手段の併用

『逆算手帳』の記入プロセスを簡単に説明すると【ビジョン】【プラン】【アクション】の3ステップがあり、まず【ビジョン】で、進むべき方向を定めます。

 

ステップ①

【ビジョン】では、わくわくする未来がキーワードです。文章にビジュアルをプラスしてより具体化させ、写真の〇〇さんのように格好よくなりたい!痩せたい!仕事で成功したい!などの希望や夢を、日々、眺めて“わくわく”しましょう。

 ※Life Vision (ライフビジョン)ツール。仕事、お金、健康……など、8つの項目に分れる。これらをしっかりと書くことで、本当の“自分さがし”につながる。

 

ステップ②

【プラン】では「一年以内(直近)」・「10年以内」・「生きているうちに」の3つの時間軸にわけ、「10年後にはどうありたい?」そのためには「一年後には何をする?」と、順番に逆算しながらブレイクダウンして目安と計画をたててゆきます。

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。