体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたは大丈夫?貯金ができない人の7つの特徴【FPが詳しく解説!】

あなたは大丈夫?貯金ができない人の7つの特徴【FPが詳しく解説!】

貯金ができない理由を考えたことがありますか? もしかすると、あなたの生活そのものが「貯金ができない生活」になっている可能性があります。貯金ができない人必見、お金のプロ、ファイナンシャルプランナー(FP)が貯金のできない理由を詳しく解説します。

貯金ができない人の特徴とは

「お金が貯まらない」という人の好みや行動パターンなどをみると、いくつかの共通点があります。
ここでは7つご紹介しますが、あなたにはいくつ当てはまるでしょうか。

 

1.自分へのご褒美が大好き

© PIXTA

疲れた時や頑張った時に、自分へのご褒美をあげると「また頑張ろう!」と次への活力が湧いてきます。
ご褒美は元気を出したり、気持ちを癒したりするには効果的です。
しかし、お金のかかるものが多いで、「ご褒美だから」と言い訳をして高価な物を買ったり、贅沢なサービスを利用したりしているとなかなかお金が貯まりません。

 

2.整理整頓が苦手

© PIXTA

整理整頓が苦手な人は、必要なときに必要な物が出てこないので、いくつも同じものを買ったり、何がどのくらい残っているのかも把握していないため、余計な買い物をしてしまうといったムダが起こりがち。
さらに、お金がどの口座にどれくらい入っているかがわからないなど、お金の管理も苦手な傾向があります。
そのため、公共料金や携帯電話料金など口座引き落としで登録しているものが、残高不足で引き落としされない。などといったトラブルが多く、後日、振込手数料を払って振り込むことになったり、延滞金の発生で余計な支出も増えてしまい、お金も手間もかかってしまいます。

 

3.時間にルーズ

© PIXTA

計画性がなく時間の管理ができないというのも、貯金ができない人に多い特徴です。
傾向として、時間の管理が苦手な人は、約束の時間から逆算して「ゆとりを持って行動する」ことがなかなかできません。そうすると、時間がないため「仕方なくタクシーで駆け付けた」という事態を繰り返すことになります。
時間にルーズな人は、本来は必要のないお金をかけて「時間を買う」ことになってしまうのです。

 

4.毎月の支出額を知らない

© PIXTA

貯金ができない人は「どのくらいお金を使っているか、わからない」という人が多いようです。
貯金をするためには毎月の支出額を把握し、「どんなもの」に、「いくら」お金を払ったのか、「無駄がないか」などのチェックが欠かせません。

 

5.お金が余ったら貯金しようと思っている

© PIXTA

「お金が余ったら貯金しよう」という心がけは、貯金の意欲としてはとても大切です。しかし、ここで注意したいのは「お金が余ったら」というところ。逆にいうと、「余らなかったら貯金なしでOK」となってしまいます。
「余ったら」という条件にすると、貯金のストレスは軽くなりますが、結果的に節約や貯金が後回しになり、計画性のない浪費がズルズルと続いてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

6.手数料を気にしない

© PIXTA

銀行と提携のコンビニでは「月○回まで手数料無料」といったサービスもありますが、手数料を気にしない人は利用した回数も気にせず、必要と思ったときに何度も下ろしてしまうようです。
緊急の場合を除き、ATMを使うのは手数料が無料の時間帯だけにしましょう。
また、クレジットカードのリボ払いなど手数料のかかるものを見直すと、1年間でかなりのお金を節約できますよ。

 

7.優柔不断で断われない

  

© PIXTA

誘われると断れない人は、気が乗らない飲み会に行くことになったり、二次会や三次会までつきあったりするので出費が増えてしまいます。人とのつながりや義理を重んじることも大切ですが、上手な断り方を身につけて、余分な支出を防ぎましょう。
また、人の意見に流されやすい人も要注意です。気に入った訳でもないのに「店員に勧められたから」「今、流行っているから」などの理由で買ってしまう人は、自分にとって本当に必要かを考えて購入しましょう。

 

年代別の貯金額とは

© PIXTA
1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。