体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分の人生の中には、音楽もあって、旅もあって」シンガソングライターMiyuu(特別インタビュー)

(様々な表情を見せ、透明感に溢れるMiyuuさん)

 

ーMiyuuさんご自身初めての旅の記憶はいつですか?

Miyuu:中3の時に友達と夜行バスで福岡へ一緒に行ったときかな。友達が大好きなアーティストがいて、その人がフェスに出るからっていうので2泊3日で行きました。フェスに行って、そのアーティストが福岡出身だったので、そのルーツをたどるようなことをして、もちろん海にも行って…。今でも覚えていますね。
 
ー国内外でもどこか行きたいところはありますか?

Miyuu:目的ははっきりしないけど、アフリカにすごく行きたいです。国の特徴とか場所もあんまりはっきり分からないし、知らないところだから、行ってみたいですね。

あとは、10月にプライベートでロサンゼルスに行くんですけど、ロスはずっと行きたいなと思っていたんです。高校2年生の時に、留学で行ったことはあるんです。学校にはあまり通わずに、海辺にいたんですけどね(笑)。行った理由は『ロード・オブ・ドッグタウン』という映画がきっかけなんです。ヴェニスビーチを舞台にした実話を基にした映画なんですけど、それがすごく好きで。その時は英語も理解できなかったし、やりたいことも思う存分できなかったので、次こそはいろんなことを感じたいなぁと思います。

それからアラスカも行きたい。これも映画『イントゥ・ザ・ワイルド』の影響で、ずっと行きたい場所の一つです。実際、高校2年生の時に迷ったんですけど、さすがにアラスカはやめておこうってなったんです(笑)。いやぁすごくいい映画なんですよ~。
 
ー映画もお好きなんですね。

Miyuu:はい。結構、旅先は映画に影響されることも多いかな。すごい柔らかいんですよね。見たものに感化されて行きたいって思うんです。…私の今の夢は、車に住むこと。それは国外でも国内でもどっちでもいいんですけど、生活拠点を車にしたいんです。『イントゥ・ザ・ワイルド』の中に登場するバスみたいな。

きっとそれも映画の影響です。流行りの移動オフィスとか憧れますね。まずは免許を取らなくてはいけないんですが(笑)
 
ー映像で言えば、楽曲をYoutubeで数多く配信されていますね。

Miyuu:音楽の専門学校に通っている友達と知り合うきっかけがあったんです。自分は大学に通っていた時に、音楽を目指していたわけではなくて、普通に就職活動をギリギリまでしていたんですけど…せっかくならYoutubeに作品をアップしてみようとなったんです。

アイディアとして普段聞いている音楽をカバーするというのが出てきたんですけど、同時に日本の文化を海外に発信できる方法はないかと考えて。私は大学で観光を専門にしていたので、京都で撮ったら注目してくれると思ったんですね。「THE日本」と感じられるような場所で、かつ、自分と曲のイメージが合う場所を探して、京都のあちこちで撮影したのがはじまりです。

2年前ぐらいに配信を始めました。撮影自体が面白くて、みんなで観光しながら撮影した感じで。思えばそれも一つの旅でしたね。
 
ーこれからもYoutubeでの配信は続けますか?

前のページ 1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy