ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『スパイダーマン:ホームカミング』続編、脚本家2人が続投へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『スパイダーマン:ホームカミング』続編、脚本家2人が続投へ
マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズによる夏の大ヒット映画『スパイダーマン:ホームカミング』の続編には、キャストとスタッフの両方におなじみの名前が多数並ぶことになりそうだ。第1作の脚本チームが第2作も手掛ける見込みであるとエンタメ系情報サイト『The Hollywood Reporter』が報じている。

同サイトのスクープによれば、脚本家のクリス・マッケナとエリック・ソマーズは、『スパイダーマン』の再リブート作がファンと評論家の双方から高い評価を得たことを受け、その続編の脚本を務める交渉の最終段階に入っているという。『The Hollywood Reporter』が指摘しているように、『ホームカミング』はスパイダーマン(今回の最新作で演じたのはトム・ホランド)をマーベル・シネマティック・ユニバースに堂々と戻し入れただけでなく、前回のリブート作が不振に終わったスパイダーマンの経済的な見通しを回復させた。『アメイジング・スパイダーマン2』はファンの共感をあまり得ることができず、スパイダーマンの興行収入は好調だった2000年代初めに比べると下降線をたどっていたのだ。

そんなわけで、マーベルとソニーが『ホームカミング』のメンバーを維持したがっているのも納得できる。マッケナとソマーズに加えてホランドも第2作で続投する見込みであり、ジョン・ワッツも再び監督を務める方向で交渉が進んでいるという。

『スパイダーマン:ホームカミング』続編の製作がいつ始まるのかはまだ分かっていないが、米国では2019年7月5日に公開予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『スパイダーマン:ホームカミング』続編、脚本家2人が続投へ

サンドラ・ブロック、ハリケーン・ハービーの被害救援に約1億円以上を寄付

『スパイダーマン:ホームカミング』の中国版ポスターが秀作揃い!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』主人公レイの修行姿が公開!

『ウォーキング・デッド』シーズン8初回の冒頭を製作総指揮が明かす※ネタバレ注意

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。