体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

麻婆豆腐 vs 四川担々麺! 夏バテを吹き飛ばす「燕郷房」の汗だくメニューはどっちだ?【沖縄】

f:id:mesitsu_lc:20170714155905j:plain

そう、それは夏のある日のことでした。

容赦のない太陽に奪われていく体力……

終わりのない暑さに失われていく食欲……

止まらない汗・汗・汗。

な~んだか元気が出ない、な~んにもヤル気がしない、いっそこのまま夏に溶けてしまおうかと思った、その時。ふと、ある考えが頭を過ぎったのです。

「そうだ、辛いモノ食べに行こう」

歓迎光臨! 活気あふれる中国の食堂「燕郷房」へようこそ!

f:id:mesitsu_lc:20170714160059j:plain

ということで、やって来たのは那覇市・泉崎にある「燕郷房(ヤンキョウファン)」

ゆいレールの県庁前駅・旭橋駅から徒歩5分の場所にある、人気の中華料理店です。

ディナーではバリエーション豊かな本格中華をワイワイ楽しく、そしてランチでは戦う会社員に“ひとときの休息”と“午後の活力”を与えてくれる料理を気軽に味わえます。

「うまい」というのは大前提。

「燕郷房」がアツイ支持を集める理由の1つが、豊富なうま辛メニューがそろっているということ。

これは期待が高まります!

f:id:mesitsu_lc:20170714160252j:plain

ドアをくぐると、店内は古き良き中国の食堂といった雰囲気です。シャレてるんだけど、気取らない感じがイイ。

今回、取材に訪れたのはランチタイム。11:30~の開店から、あっという間に人が増えて店内は活気であふれます。

この日もご多聞に漏れず暑い日でしたが、みんな汗を拭き拭きうまい中華を堪能する姿は、なんとも壮観です。

こういう雰囲気だけでも、なんだか元気がチャージされます。

f:id:mesitsu_lc:20170714160349j:plain

こちらが気になる「燕郷房」のランチメニュー。

お店の雰囲気と、メニュー表を見ているだけで、失っていていた食欲がムクリと起き始めました。我ながら単純です。

ガッツリ腹にたまるという「ダブルのせごはん」や、中国のぶっかけご飯「的士飯」も気になりますが、ここはもちろん初志貫徹で。

とにかく辛い。とにかくうまい。

と名高い「燕郷房」のうま辛メニューの2強をオーダーしてみましょう!

白米が魔法のように消えていくうま辛・汗だく「麻婆豆腐定食」

f:id:mesitsu_lc:20170714160535j:plain

▲麻婆豆腐定食 880円

店長さんが「辛いですよ! 」とニコニコしながら運んで来てくれたのがコチラ。麻婆豆腐・ライス・スープ・小菜・漬けものがセットになった「麻婆豆腐定食」です。

真っ赤なお皿がテーブルに置かれた瞬間、鼻と胃袋を刺激する素晴らしい香り。

……この香りは山椒だ!

f:id:mesitsu_lc:20170714160639j:plain

「燕郷房」の麻婆豆腐は、山椒がガツンと効いた四川風。

皿を前に深く息を吸い込めば、山椒の後ろから「あぁ、コレコレ」と、思わずため息が出てしまう麻婆の奥深い香りが追いかけてきます。

これ間違いなく、

匂いだけでメシが食べられる系ですね。

だって無意識のうち、ライスに手が伸びてましたもん。

危うく“白米フライング”するところでした。

香りだけで、そのポテンシャルの高さをアピールしてくるとは……侮れん!

気合を入れなおして、いざ尋常に勝負!

f:id:mesitsu_lc:20170714160721j:plain

レンゲで豆腐をすくうと、一層深く沸き立つ香り。

そしてクチに運べば、舌と喉にビリビリくる潔い辛さ。

これは辛い、これはうまい!

後頭部の毛穴がスゴイ開く!

辛いけどうまいから、レンゲが止まりません。食べ始めて数秒で、麻婆豆腐→ライス→麻婆豆腐→ライスのゴールデンラインが完成しました。

f:id:mesitsu_lc:20170714160813j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。