ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

気温が高いときは要注意! あなたの車、バッテリーは大丈夫?【Let’s Go! 車界科見学】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

カーセンサー(雑誌)で毎月連載されている「Let’s Go! 車界科見学」。車に乗っていれば日常的に起こることの中に、疑問には思うが、知らなくてもお店や誰かがやってくれることがある。その中で、知ればナットク! の情報をGetしに、車界のプロの仕事を見学しに行く企画。

▲今回は特に夏のトラブルが多くなるというバッテリーについて、JAFにお話を聞いてきた

▲今回は特に夏のトラブルが多くなるというバッテリーについて、JAFにお話を聞いてきた

バッテリーが上がると、車はまったく動かなくなってしまう

バッテリーが上がるとは、携帯電話でいうところの「電池切れ」のような状態。車も携帯電話同様、電池が切れてしまうと、燃料があってもエンジンすらかからず、まったく動かなくなってしまう。車にとってこんなに重要なバッテリーだが、みなさんはマイカーのバッテリーの状態を把握されているだろうか。

そこで今回は、夏にトラブルが増える理由、バッテリーに負担をかけない使い方などについてJAFに聞いてきた。

▲今回お話をお伺いした、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)東京支部 ロードサービス隊 港基地班長の田中大輔さん

▲今回お話をお伺いした、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)東京支部 ロードサービス隊 港基地班長の田中大輔さん

Q.なぜ夏にトラブルが多いのですか?

夏はバッテリーに負担がかかる季節だからです。そもそもバッテリーは高温に弱いのです。外気温の上昇でバッテリーの温度が上がると蓄電能力、人間でいうところの体力が低下します。加えて、夏は車の中で最も電力を使うエアコンを多用します。弱っているバッテリーの場合、発電および蓄電能力を超える電力を使った結果、突然バッテリーが上がってしまうのです。

8月は一番出動件数が増えますが、残暑が続く9月も注意が必要です。また、普段の乗り方によってはバッテリーへの負担が大きくなり、いつの間にか弱っている場合もあるのです。(JAF東京支部の田中大輔さん。以下、田中さん)

▲設定温度よりも、風量の強さの方が電力を消費するそうだ。まだまだ暑い日が続くので油断大敵だ

▲設定温度よりも、風量の強さの方が電力を消費するそうだ。まだまだ暑い日が続くので油断大敵だ

Q.どんな乗り方がバッテリーには負担が大きいのですか?

一度に走る距離が短い場合、走行中に発電される電力が少なく、バッテリーが十分に充電されません。このような乗り方が続くと、バッテリーには負担となります。

また、車を動かさなくても少しずつ自然放電しているので、放置しておけば最終的にバッテリーは上がってしまいます。バッテリーは消耗品ですので、使い方に限らず定期的な交換も必要です。現在のバッテリーの状態に不安を感じるのならば、一度プロに点検してもらうことをオススメします。(田中さん)

▲劣化したバッテリー。見ただけでは判断が難しいのでプロに点検してもらおう

▲劣化したバッテリー。見ただけでは判断が難しいのでプロに点検してもらおう

Q.点検や交換はどこで、いくらぐらいで可能ですか?

バッテリーの点検は、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドなど、多くの場所で行えます。バッテリーには寿命があるのでJAFでは2~3年程度での交換をオススメしています。

車種やメーカー、取扱店舗によりバッテリーの種類や値段は異なりますが、軽自動車なら9000円程度で新品交換ができます。また、バッテリーは新しいのに上がってしまう場合、発電機が故障している可能性があります。この症状も点検を行うことで発見することができます。(田中さん)

▲点検には充電量を測る機械を使用。可能なら月に一度は点検しておこう

▲点検には充電量を測る機械を使用。可能なら月に一度は点検しておこう

Q.もしもバッテリーが上がったら、どうすればよいですか?

もしバッテリーが上がってしまっても、あわてずにJAFなどのロードサービスに救助を依頼してください。加入している任意保険にもロードサービスが付帯されていることがあるので、保険の内容も確認しておくとより安心です。

自分で復旧する方法として、他の車をバッテリーからケーブルで、電力を供給する方法もあります。しかし、ケーブルのつなぎ方や扱い方を間違うと火花が発生し、バッテリー内の水素ガスに引火するなどの危険も伴います。ですので、バッテリーが上がってしまったら、プロに救助を依頼することをオススメします。(田中さん)

▲専用の機械でバッテリーに電力を送り復活させる。作業自体は数分で終わる

▲専用の機械でバッテリーに電力を送り復活させる。作業自体は数分で終わる

【関連リンク】

JAF公式HPはこちらtext/編集部 大平拓摩

photo/編集部 大脇一成

関連記事リンク(外部サイト)

JAF公式HPはこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。