ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』実写映画化! やくしまるえつこ担当の劇中歌入り本予告公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』実写映画化! やくしまるえつこ担当の劇中歌入り本予告公開

 実写化作品『blue』『strawberry shortcakes』などので知られる漫画家・魚喃キリコだが、代表作『南瓜とマヨネーズ』もこのたび実写映画化。2017年11月11日の全国ロードショーに先駆け、本ビジュアルと本予告が公開された(https://youtu.be/XaybmDXCnfA)。

映画『南瓜とマヨネーズ』関連画像(全4枚)

 不朽の恋愛マンガの金字塔作品として呼び声の高い本作を実写化したのは、『パビリオン山椒魚』『パンドラの匣』『ローリング』などで知られる鬼才・冨永昌敬監督。脆く崩れやすい日常の大切さを説きながらも、女性の切ない恋模様をリアルに描いた原作世界を忠実に再現しており、原作者からも「みごとにのまれた、感謝!」と絶賛されるなど、冨永作品として過去最高傑作の呼び声高く、関係者一同が自信を見せる。

 本ビジュアルには、写真家・川島小鳥による撮り下ろし写真を使用。そして本予告は誰もが経験する甘くほろ苦い恋の痛みを想起させる内容ながら、主演の臼田あさ美によるタイトルコールとナレーション、やくしまるえつこの優しい歌声が心地良く響きわたるエモーショナルな作品に仕上がった。

 映像はやくしまるえつこが手がけた劇中歌「ヒゲちゃん」のインストから始まり、予告編のためだけに書き下ろしたオリジナルインスト楽曲、そして、やくしまるによる「ヒゲちゃん」のセルフカバーも聴くことができる。この「ヒゲちゃん」のセルフカバーは、各音楽配信サイトにて配信もスタートしている。なお、やくしまるは撮影に立ち会い、俳優たちへの音楽指導も行ったとのこと。

◎やくしまるえつこ-コメント
映画における音楽Aと、日常における音楽Aは、相異なる二つの項である。
二次元と三次元のように、目配せはしても、混じり合うことのないもの。
だけどその二つのあいだに、限りなく0に近い接点があるとしたら、そこにはこの映画が存在しているニャア。
やくしまるえつこ

◎公開情報
映画『南瓜とマヨネーズ』
2017年11月11日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー。
監督・脚本:冨永昌敬
原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』(祥伝社フィールコミックス)
出演:臼田あさ美 太賀 浅香航大 若葉竜也 大友律 清水くるみ 岡田サリオ
光石研 / オダギリジョー
製作:『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
制作プロダクション:スタイルジャム
配給:S・D・P
2017/93min/カラー/シネスコ/5.1ch
(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

やくしまるえつこ 国際科学芸術賞グランプリ作品『わたしは人類』金沢21世紀美術館で展示
やくしまるえつこ、バイオテクノロジー用いた音楽作品で日本人初の功績
相対性理論【証明III】テクノロジーを駆使するバンド、共同研究者にすらなれない私たち

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。