ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

知りたい、でもわからない・バイク買取の相場を読み解く!

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

バイクに乗る人なら、自分のバイクが今いくらで売れるのか、気になるところですよね。乗りつぶすのもいいけれど、売却して他のバイクも楽しみたい・売れるものなら値が高いうちに売りたい、といった方のために、今回はバイクを買取する際の「相場」にフォーカスした情報をお届けします。ご損はさせません、ぜひご一読お願いします!

バイクを売るということ


バイクを手放すとき

バイクを売る、そして対価を得るということは、基本的にそのバイクが誰かの手に渡って使われるということです。これは当たり前のことになりますが、そこに介在するのがネットオークションであったり中古買取ショップになります。しかし取引するのは人と人ですので、利益を上げたい買取ショップや高く売りたい売り手の意図がかみ合わず、思わぬ損をしてしまったり、得をすることもあります。

ネットオークション

オークション(ネットオークション)に出品する方法が、友人に譲るようなケースを除けば一番高値がつく方法です。オークション運営側に払う手数料が安いからです。ヤフオク!を例にとれば出品時3,024円・落札時3,024円(Yahoo!プレミアム会員の登録は必要)です。需要と供給のバランスもわかりやすいです。しかし、掲載する写真を撮る・文章を用意する、そして落札者とのトラブルの可能性もありますので、その点は覚悟は必要です。

バイク買取ショップ


ポピュラーなやり方として、バイク買取ショップに売ることが多くなるのではないでしょうか。事務的な手続きもやってくれますし、ネットオークションにあるような手間とリスクはショップ側が引き受けてくれます。しかし、店側とユーザーの間にある、人やシステムを見通すのが難しく、つまり大きく損をしてしまうケースもあります。そこで、総合的に見て自分のバイクの買取相場を的確に把握する、というのが今回の趣旨です。

オンライン見積もり

バイク買取ショップのホームページでは、「無料」の見積もり、というサービスがありますが、パッと見ただけでは分かりにくいのですが実は2種類に分別されます。

簡易的な査定

文字通り無料の見積もりで、メーカー・車種・走行距離などを選択していくと、xxxx円の価値があります、といった数値が出てきます。どこまで信頼できるのか、誰も保証はしてくれないのですが…一応査定をしてくれます。

一括査定申し込み

入力欄に氏名・電話番号がある場合はこちらの査定です。「30秒で査定申し込み」などとふれているのですが、実際は30秒で価格がわかるわけではなく、そのサービスが提携しているバイクショップ数社に情報が行き渡り、向こうから電話やメールなどで「査定額」を元に営業をかけてくる仕組みになっています。その営業方法自体は正当なのですが、注意しないとうっかり申し込んでしまうほどネット状では表現がわかりにくいことが多いです。

実際の査定額は?

バンディット1250F

出典:スズキ公式

メーカー希望小売価格 1,155,600円(税込)

自然に考えれば買取価格が一番クリアに見通せる、オークションの様子を見てみましょう。

出典:ヤフオク!

ヤフオク落札 328,000円

走行距離は49,000kmで使用感が少々ありますが、目立った傷はありません。販売価格の約3割程度の金額での落札となっています。

さて先ほどご説明した、ネットでの簡易査定で調べてみましょう。バイク買取バイクワンのサービスです。
出典:バイク買取バイクワン

上限買取価格 452,500円
平均買取価格 ¥ 384,500円

価格を見ると、あまり大きくは離れていないですね…と、考えるのは間違っています。オークションでは、上述したように全ての事務的なことを自分でやっている価格です。一方、買取ショップでは買取価格に上乗せした額で再販して利益を上げています。いろいろな手続きを請け負って、再販する前の価格がオークション落札と同じ水準ということは、かなり考えにくいです。

ホンダ ジョルノ

出典:ホンダ公式

メーカー希望小売価格 189,000円(税込)

ヤフオク!ではどうなっているでしょうか。

出典:ヤフオク!

ヤフオク落札 41,000円

同様に簡易査定のサービスです。
出典:バイク比較.com

最高買取実績 80,499円
買取相場 3万円〜8万円

本当の相場は

いかがでしょうか。オンライン簡易査定を批判しているわけではありません。バイク買取ではぜひ複数店比較をしていただきたいので、活用できるツールは大いに使っていただきたいです。バイクの商品状態は、年式や使用感・走行距離・キズ・メンテナンスの有無などで大きく振り幅があります。わかりやすく相場を提示することは、残念ながらできないのですが、信頼できる情報を組み立てれば現実感のある数字にたどりつくのではないでしょうか。そのポイントを掴んでいただけたらと思います。

買取の現場

実際の買取方法を検証しましょう。

持ち込み

買取ショップに自分から持ち込みます。売らずに帰ることはなかなかハードかもしれませんが、納得できなければ冷ややかに撤退しましょう。その自信がなければ他の方法にしましょう。出張査定にかかる費用の分、高く売れる可能性はあります。納税書や車検証など(排気量により違います)を揃えて出かけましょう。

出張査定(1店)

スタッフが自宅まで来て査定をしてくれます。基本的には店舗での交渉と変わりませんが、交通費・人件費をかけて来ているので、スタッフは何としても買い取ろうという姿勢になります。正式に交通費を請求されることもありますので、事前に確認しておきましょう。

一括査定による出張

上述した、オンライン一括査定をすると、多くの業者から見積もりをさせてほしい・買取させてほしい、といった電話やメールが来ます。複数のショップに査定してもらうチャンスではありますが、相手は交渉のプロですので、即決して買取する交渉に長けています。断るときは強い意志で断るようにして臨みましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、バイク買取の相場について、お役に立つ情報をお届けしてまいりました。相場は簡単に見通せるものではありませんが、少しの手間と努力で掴むことはできます。買取相場は応用編であり、情報戦です。豊かなバイクライフを応援します。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。