体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アフリカ・リベリアの雄大な自然と絶景が満喫できる観光スポット10選

アフリカ・リベリアの雄大な自然と絶景が満喫できる観光スポット10選

西アフリカの国の一つリベリア共和国は、1847年に独立を成し遂げた、アフリカの中ではエチオピアの次に古い国です。南太平洋に面した首都は、赤道直下ということもあり、高温多湿の熱帯気候で知られています。

そんなリベリアを訪れた際に外せないおすすめ観光スポットをご紹介します。

 

リベリアの基本情報

リベリアの首都はモンロビア。この名前は、リベリアの独立を助けた、当時のアメリカ大統領ジェームズ・モンローから来ています。一年を通して常に最低気温の平均温度が22~23度ほどなので、日本が寒い時期に訪れるのがオススメ。

アフリカを代表するジョロフライスもリベリアではよく食べられる食事の一つ。トマトで煮込んだ牛肉やチキン、時にはエビとそのエキスで炊き上げた米は、私達もよく食べるピラフに似た料理でオススメの地元グルメです。その他にサトウキビから作られたジュースや、椰子の実から作られたワインなどが市場で売られていますので、見かけたら手にしてみてはいかがでしょう?

 

リベリアの歴史

サンゴ礁に覆われた海岸と、広大な熱帯雨林の景色も見逃せないリベリアですが、過去には、資源である鉱山やダイアモンドが原因で内戦を二度ほど繰り返している悲しい歴史もあります。

 

珍獣に会えるかも?「Sapo National Park」

@nationalparkplanetがシェアした投稿 – 2016 12月 11 10:24午前 PST

1808平方キロメートルという広大な敷地がある「サポ国立公園」は、リベリア唯一の国立公園です。森林が生い茂る公園は、まさに西アフリカを代表的する熱帯雨林です。シノエ郡の南西に位置しており、北部はプツ鉄鋼山に接しています。

そんな公園には、コビトカバもしくは、ピグミーサイとよばれる、山羊ほどの小さめのサイをはじめ、象、チンパンジー、レイヨウなどの野生動物が暮らしています。

 

そんなサポ国立公園ですが、かつてのリベリアの内戦によって、多くの野生動物を失ってしまいました。特にリベリアやギニア周辺で暮らすコビトカバは、世界三大珍獣と呼ばれ、絶滅の危機に瀕しています。それでも、サポ国立公園には、最大数のコビトカバが生息しています。

公園に行くには、かなり大胆で勇気がいる観光スポットということもあり、まだ多くの人が訪れていない穴場の観光スポットです。
■詳細情報
・名称:サポ国立公園/Sapo National park
・住所:Sinoe County, Liberia

 

掘り出し物を探しに!「ウォーターサイドマーケット」

JTさん(@bjewel.d)がシェアした投稿 – 2017 1月 11 6:51午前 PST

旅の醍醐味の一つといえば、ショッピングと答える人も多いのではないでしょうか?雑多な感じのいわゆるストリートマーケットですが、掘り出し物を見つけることができます。地元のアーティスト達が作るカラフルな織物、レザー製品、陶器など、どれもこれも日本の製品とはテイストが違い、見ているだけでも楽しむ事ができます。

その他、地元の人達も利用するマーケットなので、フルーツなどの食材も販売されています。見たことがない食材や、フルーツがあったら、その場で頼んで食べて見ましょう。

ハンドクラフトのマスクなど、アフリカらしい独特のものも見つけることができるので、お土産選びに一度は訪れたい場所です。
■詳細情報
・名称:ウォーターサイドマーケット
・住所:モンロビア

 

アフリカの味を食べるなら「 Diana Restaurant/ダイアナレストラン」

BILL H. MANTORさん(@bille_craps)がシェアした投稿 – 2015 2月 27 12:14午後 PST

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。