体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビルボードライブ東京が10周年を迎え、音響システムをJBLへ一新

ビルボードライブ東京が10周年を迎え、音響システムをJBLへ一新

 ビルボードライブ東京が2017年で開業10周年を迎えることを記念し、8月下旬に音響システムをリニューアルした。

ビルボードライブ東京 写真(全4枚)

 今回、導入されたのはJBLの「VTXシリーズ」を軸にした44台のスピーカーで構成する音響システムだ。ステージ両サイドに吊り下げたスピーカーも、メインの3-WayラインアレイスピーカーVTX-V20とサブウーハーS25, G28をあわせると片側11台へと一新。

 その結果従来は75度だったエリアカバーが110度に拡大、幅広いエリアをカバーできるようになった。さらに、アンプの電源も倍増、よりパワフルな音作りが可能となった。

 その他、モニター環境には、10台のVTX-M20を採用、ニア・アウトフィルスピーカーとしてVTX-F12を4台、フォロースピーカーのAC195を6台、18’’シングルサブウーハーのAC118Sを2台導入。合計44台によるスピーカーシステムのすべてがJBLで統一された。ビルボードライブは、国内外の一流アーティストの演奏を体感できるクラブ&レストランとして11年目以降も進化し続けていく。

関連記事リンク(外部サイト)

佐野元春、11月にビルボードライブ東阪でプレミアムステージを開催
”キング・オブ・ヴァイブス“ロイ・エアーズの単独公演&【SOUL CAMP 2017】出演が決定
トレヴァー・ホーンが奏でる“輝かしい未来への憧れ”の扉―― モダンな響きとヒューマンな温もりが同居したサウンドに心沸き立つスタイリッシュな夏の宴

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。