体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バヌアツのおすすめ観光スポット9選

バヌアツは南太平洋のある共和国で西にオーストラリア大陸、周りにはニューカレドニアやソロモン諸島、フィジ島がある島々で、イギリス連邦に加盟している国です。

今回はこのバヌアツという島国の魅力についてまとめてみました。
 

旅人がロンクステイする国、バヌアツ共和国とは

photo by shutterstock

南太平洋の83の島々からなるバヌアツは、リゾート地として知られた観光スポットの多い国です。南国の楽園とはまさにこの国の島々の事を言ったのかと思わせるような様々な景観が楽しめるようです。

主な旅行客はオーストラリアからの訪問のようですが、この島々の魅力にたっぷり浸って何度も訪ねている人も少なくないようです。入国時に与えられる観光ビザを延長すれば、最大長18ヶ月まで滞在が可能になるとの事なので、関心のある方は要チェックだと思います。
■詳細情報
・名称:バヌアツ共和国
・住所:Republic of Vanuatu
・地図:https://goo.gl/maps/QXSNDxeDrvR2

 

1.「バンジージャンプ発祥の島」 ペントコスト

Ayumi Hirayamaさん(@ayumi31037)がシェアした投稿 – 2015 4月 7 9:38午前 PDT

みなさんご存じのバンジージャンプ。高い所から飛び降りるには大変な勇気が必要ですよね。実はこのバンジージャンプの元というのが、バヌアツ共和国で行われているナゴールという成人の儀式なのだとか。

このランドダイビングの儀式は、成人としての勇気を示すとともに、豊作を祈願するものとしても行われたようで、現在はこの儀式を見ようと多くの観光客が訪れているようです。
■詳細情報
・名称:ナゴール
・住所:ペンテコスト島
・オススメの時期:4月から6月

 

2.「火口を間近で見る」驚愕のヤスール火山

Junji Yamadaさん(@junji_sdgy)がシェアした投稿 – 2017 4月 15 7:49午前 PDT

ヤスール山は世界中の活火山の中で、最も火口に近づける山として有名な観光スポット。この火山を見るために、世界中からバヌアツのタンナ島にやって来るようです。

数分間隔で、噴火の様子を間近で見ることができるとの事で、小石が飛んで来たり、噴火の爆音にびっくりしたり、マグマが吹き出す様子は迫力に満ちたものなので、この山でしか体験できない火口観光と言えます。
■詳細情報
・名称:ヤスール山
・住所:Tanna, Vanuatu(タンナ島)

 

3.「森の番人」のようなタンナ島のバニヤンツリー

photo by shutterstock

タンナ島のバニヤンツリーは旅行者の想像超えるもの。樹齢400年以上のその巨木はまさに森を長年見守ってきた番人ともいうべき存在のようです。この木をじっくり回るのに3分もかかったと言いますから驚きです。

巨木からは圧倒される何かの力のようなものを感じるようですので、一度は見てみたい観光スポットだと思います。
■詳細情報
・名称:バニヤンツリー
・住所:Tanna, Vanuatu(タンナ島)

 

4.「青の神秘」 ブルーホール

Süsäñ Måthêwさん(@suzz_mat)がシェアした投稿 – 2017 4月 9 7:08午後 PDT

サント島にあるブルーホールは森の中の湧き水。怖いくらいな青や、絵の具でも作り出せない深い青などと表現する人もいます。この神秘的なブルーはラスビラズリが溶け出した事によって出来上がっているようです。

ここでは飛び込んだり、泳いだりして楽しむ事ができます。そして、泳いだ後はツルツルお肌になっているのだとか。
■詳細情報
・名称:ブルーホール
・住所:Espiritu Santo, Vanuatu(サント島)

関連記事リンク(外部サイト)

オーストラリアのグリーン島に「絶対」ひとりで訪れてはいけない3つの理由
人種のサラダボウルが生み出す、オセアニアのB級グルメまとめ
湘南に飽きたら東京の離島へ。この夏「神津島」に行くべき5つの理由
日本三大バカユースホステル「桃岩荘」に行ってみた

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。