体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡の立ち飲みゲストハウス「STAND BY ME」が最高に気持ちいい。

福岡の立ち飲みゲストハウス「STAND BY ME」が最高に気持ちいい。

日々、さまざまな旅人を受け入れるゲストハウス。宿泊費を安く抑えられるだけでなく、旅先をローカル感覚で遊びたい人にとって人気の宿泊先だ。

そんなゲストハウスのオーナーは、その街がどんなに面白くて魅力的かを一番よく知っているはず。ここでは「街のアニキ分」的存在のゲストハウスオーナーに「大人の遊び」について聞いてみたいと思う。

生ビール おつまみ 二百五十円。

福岡の立ち飲みゲストハウス「STAND BY ME」が最高に気持ちいい。

福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、

「生ビール おつまみ 二百五十円」

と書かれた白い暖簾がかかる。1階はオープンキッチンのカウンターとテーブル3台を備える立ち飲みで、2〜3階にドミトリーを有する「泊まれる立ち飲み」として、オープン以来、旅行者のみならずローカルたちからも注目を集めている。

オーナーの貞末真吾さんに会うため、昼過ぎの立ち飲みカウンターを訪れた。福岡の立ち飲みゲストハウス「STAND BY ME」が最高に気持ちいい。

ーー こんにちは。泊まれる立ち飲みっていうコンセプトが新鮮ですよね。

「もともと3年間ほど福岡で民泊をやってきて、外国からの旅行者が増えているなと感じていたんだよね。外国人旅行者にもっと日本の魅力を伝えるためには…って考えて出たアイデア。僕が立ち飲み好きなんで。このアイデアもたしか立ち飲みで飲みながら出てきたんじゃないかな。こば酒店っていう薬院の角打ちでね」

ーー 立ち飲みで生まれたアイデアだったんですね!もともとやっていた民泊は、どんなきっかけで?

「関東で35年間過ごして、福岡に引っ越してきたのね。それで東京の友だちが福岡に遊びに来たいって言ってくれるんだけど、『ホテルが取れなかったら行くのやめたよ』って言われたことが数回あってさ。それじゃあ、いつでも泊まれるようにって、スタッフは2人しかいないのに、仕事用の事務所に4LDKの広いところを借りて。布団とか鍋とか用意して準備万端で待ってたんだけど、誰も来なかった(涙)。

そんなとき空いている部屋をシェアするサービスがあるっていう話をIT関係の友だちが言ってたのを思い出して、民泊を始めてみた。そしたら世界中からお客様が来てくれて。

渡辺通の4階立てエレベーターなしの部屋にだよ(笑)」

「外国人やエッジが立ってる日本人と
話すのが楽しかった」

福岡の立ち飲みゲストハウス「STAND BY ME」が最高に気持ちいい。

―― 渡辺通は地元民なら徒歩やチャリ圏内ですけど、旅行者が天神や博多からアクセスすることを考えると、ちょっと遠いですもんね。

「民泊をやっていたのは2012年ごろで、当時まだ民泊のサービスって日本ではあまり知られていなかったから、そんな中で泊まりに来るのは、ほとんど外国人だし、1割来る日本人は超エッジが立ってて、彼らと話しているのが面白かった」

―― その面白さを知って、本格的にゲストハウスを事業にしようと思ったんですね。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。