体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネイティブアメリカンの聖なる儀式 「スウェットロッジ」で生まれ変わってきた。

ネイティブアメリカンの聖なる儀式 「スウェットロッジ」で生まれ変わってきた。

カリフォルニア随一のパワースポットとして、世界中からヒッピーやナチュラリストたちが瞑想やトレッキングに訪れる聖山「マウントシャスタ」をご存知だろうか?

その裾野には、いまもなおネイティブアメリカンが精神と魂を浄化するための伝統儀式、その名も「スウェットロッジ」が受け継がれている。

一般の旅行者でも体験できると聞き、サンフランシスコ空港を降り立った私は、キャンピングカーに乗り込み、一路、カリフォルニアらしいビーチリゾートではなく、深い緑に包まれたスピリチュアルエリアへとひた走った。

Mother earthの子宮に戻り
エゴと感情を爆発させた先に…

ネイティブアメリカンの聖なる儀式 「スウェットロッジ」で生まれ変わってきた。

サンフランシスコ空港から、車で約4時間半。辿りついた儀式の場所はマウントシャスタの麓の小さな町「シャスタ」にある「GATEHOUSE・RETREAT」。

ネイティブアメリカンの伝統的なライフスタイルを守り続けるセラピストのマイカが笑顔で迎えてくれた。ネイティブアメリカンの聖なる儀式 「スウェットロッジ」で生まれ変わってきた。

ネイティブアメリカンのラコタ族に古くから伝わる儀式「スウェットロッジ」は、ラコタ語で「イニーピー」、子宮への回帰を意味する。

写真に写っている小屋は、儀式の舞台となるMother earth(母なる地球)の子宮。なかに入って儀式を受けることで、再びこの世に産まれ落ちることができるのだ。ネイティブアメリカンの聖なる儀式 「スウェットロッジ」で生まれ変わってきた。ネイティブアメリカンの聖なる儀式 「スウェットロッジ」で生まれ変わってきた。 スウェットロッジに入る前には、聖水と煙でひとりずつ身を清めてもらう。ネイティブアメリカンの聖なる儀式 「スウェットロッジ」で生まれ変わってきた。

写真撮影はおろか、私語もNGと知り、慌ててロッジの中を撮影。小さく見えた小屋も大人が最大で18名も座れる。

いよいよ儀式が始まり、ロッジの扉は閉ざされ、辺りは暗闇に包まれた。

ロッジ中央のストーブでは、マウントシャスタの石がアツアツに焼かれていて、セラピストのマイカが石の上から聖水を振りかけると蒸気がモワモワとロッジに立ち込めてゆく。ロッジの中には私を含め日本人が6人。スピリチュアルパワーに敏感な者、私のように「ホットヨガみたいな感じかな?」などと考えている鈍感な人間が、一堂に円になった。

あ、暑い…。

あまりの温度と密閉感に全身の毛穴がじわじわと広がってゆく。儀式の名が、汗(スウェット)の小屋(ロッジ)であることの意味を身体で理解した。

マイカ「スウェットロッジのインサイドには、それぞれ土、火、水、空気のスピリット(精霊)が宿っています。東、南、西、北の順で各方向にギフトを求めて祈りを捧げましょう」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。