体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「森内名人 対 羽生二冠」将棋・名人戦が開幕、ニコニコ生放送で全編中継

 羽生善治二冠(41)が森内俊之名人(41)に挑戦する「第70期名人戦七番勝負」(朝日新聞社、毎日新聞社主催)が2012年4月10日に開幕した。10日から11日にかけて行われた第1局は、139手で先手の森内名人が先勝。この様子はニコニコ生放送で中継され、将棋ファンらがインターネットからも勝負の行方を見守った。

 「名人戦」は棋士の最高位である「名人」の座を巡って毎年行われる将棋界ナンバーワン決定戦。森内名人と羽生二冠は共に1970年の生まれの因縁で、同じ顔合わせとなった前回の名人戦では森内名人が勝利。名人位を奪取したが、これまでの名人戦における両者の対戦成績は3勝3敗の五分と五分。今回の名人戦が、雌雄を決する一番とも言え、盛り上がりを見せている。

 第1局の舞台は東京都文京区の椿山荘で、対局は10日午前9時に始まった。2日間に渡った対局はすべてニコニコ生放送で中継され、外部サイトの朝日新聞デジタルへも映像が提供された。延べ50万人近くとなった視聴者が見守るなか、11日21時26分、羽生二冠が投了。その瞬間には「良いもの見られたー」「名人戦、マジで森内さん強いなあ」「すごい将棋だった」といった森内名人への賞賛のコメントが投稿されていた。

 「第70期名人戦七番勝負」の第2局は4月24・25日、新潟県長岡市の長岡グランドホテルで行われる。ニコニコ生放送では今回同様、今後の「第70期名人戦七番勝負」をすべて生中継する予定だ。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]将棋名人戦チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/channel/meijin
・[ニコニコ生放送]第70期名人戦七番勝負第2局​(初日) – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv88126410?po=newsgetnews&ref=news
・[ニコニコ生放送]第70期名人戦七番勝負第2局​(2日目) – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv88126659?po=newsgetnews&ref=news

(KAVE)

【関連記事】
「将棋電王戦」第2回はプロ棋士5人とコンピュータ5チームが一斉対決
米長永世棋聖「築いた万里の長城、穴が開いた」 電王戦敗北後の会見 全文
「将棋電王戦」コンピュータ・ボンクラーズが米長邦雄永世棋聖に勝利
米長邦雄永世棋聖 対 コンピュータ・ボンクラーズ 「将棋電王戦」始まる
プロ棋士対コンピュータ「将棋電王戦」第2回戦開催へ 対局者は船江四段

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。