体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【目からウロコ】いつもの「生姜焼き」が「トマト」と「お酢」で予想外のウマさに!

f:id:yuu514:20170825063626j:plain

こんにちは、料理研究家のYuu*です。

「生姜焼き」といえば、ご飯がすすむおかずの代表格ですよね! でも、夏に食べるにはこってり甘辛味がちょっとキツかったり……。そこでこの「生姜焼き」、 いつもの「生姜焼き」にトマトを加え、さらにタレにも酢を加えているので、あと味サッパリ! 食欲がない時でもモリモリ食べられますよ。

作るときのポイントは、豚こまに下味をつける際、ポリ袋を使って玉ねぎも一緒にもみ込むことと、具材を炒めたら一旦取り出し、タレを煮詰めてからまた戻すこと! これでお安い豚こまでも柔らか食感に仕上がるので、満足度も絶大ですよ~。

ちなみに、生姜は、豚こまの下味、そして生姜焼きのタレと両方に加えるのがオススメ!! 下味に使用する生姜は、お肉を柔らかくすることと、臭み取りに。タレに加える生姜は、風味づけです。これで、お値打ちの食材でもグンとお店の味に近づきますよ!

Yuu*の「豚こまとトマトの生姜焼き丼」

【材料】(2人分)

豚こまぎれ肉 200g トマト 1個 玉ねぎ 1/2個 温かいご飯 茶碗2杯分 サラダ油 小さじ2

(A) 酒 大さじ1 薄力粉 小さじ1 塩、こしょう 少々 しょうがチューブ 1~2cm

(B) しょうゆ、酒、酢 各大さじ2 みりん 大さじ1 砂糖 小さじ2 しょうがチューブ 1~2cm

(用意するもの) ポリ袋 1枚 フライパン 1枚

作り方

f:id:yuu514:20170825063635j:plain

1.玉ねぎは薄切りに、トマトは小さめの乱切りにする。

f:id:yuu514:20170825124929j:plain

2. ポリ袋に、豚肉・玉ねぎ・(A)を入れ、よくもみ込む。そのまま10分置いておく。

f:id:yuu514:20170825063639j:plain

3. フライパンに、サラダ油を中火で熱し、2を入れ、2~3分炒める。豚肉の色が変わり、玉ねぎがしんなりしたら、一旦お皿に取り出す。

f:id:yuu514:20170825063633j:plain

4. 同じフライパンに(B)を合わせ、中火にかける。1分ほど煮詰めトロッとしてきたら、

f:id:yuu514:20170825063642j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。