ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【目からウロコ】いつもの「生姜焼き」が「トマト」と「お酢」で予想外のウマさに!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:yuu514:20170825063626j:plain

こんにちは、料理研究家のYuu*です。

「生姜焼き」といえば、ご飯がすすむおかずの代表格ですよね! でも、夏に食べるにはこってり甘辛味がちょっとキツかったり……。そこでこの「生姜焼き」、 いつもの「生姜焼き」にトマトを加え、さらにタレにも酢を加えているので、あと味サッパリ! 食欲がない時でもモリモリ食べられますよ。

作るときのポイントは、豚こまに下味をつける際、ポリ袋を使って玉ねぎも一緒にもみ込むことと、具材を炒めたら一旦取り出し、タレを煮詰めてからまた戻すこと! これでお安い豚こまでも柔らか食感に仕上がるので、満足度も絶大ですよ~。

ちなみに、生姜は、豚こまの下味、そして生姜焼きのタレと両方に加えるのがオススメ!! 下味に使用する生姜は、お肉を柔らかくすることと、臭み取りに。タレに加える生姜は、風味づけです。これで、お値打ちの食材でもグンとお店の味に近づきますよ!

Yuu*の「豚こまとトマトの生姜焼き丼」

【材料】(2人分)

豚こまぎれ肉 200g トマト 1個 玉ねぎ 1/2個 温かいご飯 茶碗2杯分 サラダ油 小さじ2

(A) 酒 大さじ1 薄力粉 小さじ1 塩、こしょう 少々 しょうがチューブ 1~2cm

(B) しょうゆ、酒、酢 各大さじ2 みりん 大さじ1 砂糖 小さじ2 しょうがチューブ 1~2cm

(用意するもの) ポリ袋 1枚 フライパン 1枚

作り方

f:id:yuu514:20170825063635j:plain

1.玉ねぎは薄切りに、トマトは小さめの乱切りにする。

f:id:yuu514:20170825124929j:plain

2. ポリ袋に、豚肉・玉ねぎ・(A)を入れ、よくもみ込む。そのまま10分置いておく。

f:id:yuu514:20170825063639j:plain

3. フライパンに、サラダ油を中火で熱し、2を入れ、2~3分炒める。豚肉の色が変わり、玉ねぎがしんなりしたら、一旦お皿に取り出す。

f:id:yuu514:20170825063633j:plain

4. 同じフライパンに(B)を合わせ、中火にかける。1分ほど煮詰めトロッとしてきたら、

f:id:yuu514:20170825063642j:plain

3とトマトを加え、タレを絡めたら火を止める。

5. 器にご飯を盛り、4をのせたら出来上がり。あれば、キャベツのせん切りものせるとGOOD!

一味マヨでおいしさアップ!

f:id:yuu514:20170825063630j:plain

この生姜焼き丼、以前ご紹介した「豚カレー丼」と同じくポリ袋を使う丼レシピなので、洗い物もぐんと減らせます!

www.hotpepper.jp

まだまだ厳しい暑さは続きます。このサッパリ生姜焼き丼を食べて、しっかりスタミナをつけてくださいね! ちなみに、もうちょっと濃い味にしたいなら一味唐辛子+マヨネーズをトッピング。 さらにおいしくなりますよ~!

作った人:Yuu*

Yuu*

福岡市在住。彼と愛犬チワワとの2人+2匹暮らし。2015年1月に開設したブログは瞬く間に人気となり、多くの女性達の支持を集める。無理なく続けられ、かつ身近な食材や調味料を使った作り置き&スピードおかずをはじめ、彼の胃袋を離さない男子が好きそうなレシピを日々考案。 ブログ:作り置き&スピードおかず de おうちバル ~yuu’s stylish bar~ Facebook:@kitchen0514 レシピブログ:Yuu*さんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年8月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

大名の人気料亭が作る“大人のかき氷”とは?【福岡】
甘酸っぱ~い香味ダレで「油淋鶏風そうめん」と、麺のくっつきを防ぐ「2つのルール」
オーナーは陽気なフランス人! 福岡の屋台文化に新しい風を吹き込む「レミさんち」の魅力を探る【福岡・天神】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。