ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

銀座で味わう大分料理 りゅうきゅうと団子汁

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

8月30日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、銀座で全国の郷土料理を食べ歩く特集で、「大海」(東京都中央区)が紹介された。

銀座に居ながらにして大分料理が楽しめるこちらのお店。
今回は「りゅうきゅう」(2~3人前1,134円/税込)と「団子汁」(1~2人前540円/税込)をいただいた。

「りゅうきゅう」は刺身にした関鯛を醤油・酒・生姜を合わせたタレに漬け込み薬味を添えた一品。「あつめし」という出汁茶漬けにしてもおいしい郷土料理だ。
「団子汁」は小麦粉をきしめんのように伸ばし、麦味噌仕立ての汁でにんじん・ごぼう・大根などと共に煮込んだもの。

たっぷりの薬味と共に「りゅうきゅう」を食べた鈴木あきえさんは「ものすごい清涼感!で、この鯛自体がほんのり甘いので、サッパリした付け合わせ合いますね。残暑も乗り切れそうです!」とコメント。
内藤大助さんも「このタレが想像通りおいしいですね。お刺身も歯応えがあっておいしいね。お酒が欲しくなりますね」と頷いた。
「あつめし」にして食べた内藤大助さんは「また違いますね!全然違う!面白いね~。うまいなぁ、これ!」と絶賛した。
鈴木あきえさんは「好き~!おいし~!やっぱり鯛の食感が全然変わります。キュッとなってさっきよりもより弾力というか噛み応えを感じますし、お出汁がほんっとに繊細な味!」と嬉しそうだ。

「団子汁」を一口飲んだ内藤大助さんは「温まるなあこれ。優しい味ですよ。懐かしい味だ、これ。ほっとする」とコメント。
鈴木あきえさんは「落ち着く味~。これはなんか故郷の味って感じですよね。しょっぱさというよりはまろやかな味噌ですよね」と感動を伝えた。
団子を食べた内藤大助さんは「うんまぁ!うまいねー。あー、田舎に帰ってきた気分だ…」としみじみ。
鈴木あきえさんは「もっちりとして、噛めば噛むほど小麦が甘いっていう。おいしー!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:旬菜 大海(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×和食のお店一覧
つけダレスタイルでいただく 進化系和風ハンバーガー
銀座で味わう大分料理 りゅうきゅうと団子汁

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。