体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界のヒトとモノを『道』でつなぐ! 日本が進める『連結性』とは?

もうすぐ新学期が始まる!

 

夏休み気分がぬけなくて朝起きれない人も多いと思うけど、それでもなんとか、自転車を飛ばしたり、電車に乗れば間に合うって人も多いのでは?

 

でも、ちょっと考えてみてほしい。学校までの距離をぜんぶ歩いて行かなければならないとしたら…?

 

世界に目を向けると、「道がない」「乗り物がない」という理由で、学校へ行くのに山道を何時間もかけて歩いて通う子どもたちもいる。

 

そういった国のために、日本が道路や鉄道などをつくるための開発途上国の取り組みを支援するのがODA(政府開発援助)。

 

開発に必要な資金を提供したり、日本の優れた技術を使って、開発途上国の人たちの暮らしを支える「インフラ」をつくっているんだ。

 

では、具体的には何をしているんだろう?

 

そこで、外務省でODAの政策づくりに取り組む、金戸健太郎(かねと・けんたろう)さんにお話をうかがった。

1.国の成長・発展に欠かせないインフラ(道路、橋、鉄道、空港、港)づくりを支援する

2.日本の支援で現地の人の暮らしはどう変わる?

3.日本のODAでつくられたインフラが外国の記念切手に!

4.その国の歴史の一端にかかわることができる!

5.高校生の皆さんへ

 

国の成長・発展に欠かせないインフラ(道路、橋、鉄道、空港、港)づくりを支援する

金戸さんが働いているのは、外務省国際協力局の国別開発協力第2課。

 

南西アジア、中央アジア・コーカサス、中南米の国々へのODA政策を担当する部署だ。 「自分の課が担当する国の数は48カ国になります。それぞれの国で支援の内容は異なりますが、特に、規模の大きいインフラづくりが多く進められている南西アジアを例にお話したいと思います」

世界のヒトとモノを『道』でつなぐ!日本がつくる連結性とは?

※写真はブータンに出張した際に、同国の外務省の職員と撮影した一枚。「入省して10年で世界約40カ国を回りましたが、1番印象深かったのはブータンでした」と、金戸さん

 

南西アジア地域には、インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブといった国がある。

 

近年、国を挙げて経済振興政策に取り組み、成長している地域で、日本をはじめとする海外企業の進出も増えている。より発展するためにインフラづくりが必要とされている。

 

インフラとは、人の生活や、モノを売ったり買ったりする経済を支える基盤となるもの。

 

なかでも日本が力を入れて支援しているのが、地域の連結性の向上に向けた取り組み。

 

世界のヒトとモノを『道』でつなぐ!日本がつくる連結性とは?

※外務副大臣(当時)のパブアニューギニア訪問に同行した際の1枚(金戸さんは左手前)。「普段なかなか行けないような国を訪問し、重要な仕事にかかわることができるのも外交官の仕事の魅力です」 「連結性は英語でconnectivityと書きます。簡単にいうと【つなぐ(connect)】ということです。

 

開発途上国でインフラが整備されると、いろいろな国や地域のヒト、モノがつながっていけるので、さまざまに発展していける可能性が生まれます。

 

ヒトやモノをつなぐためには、それを結ぶ『道』を陸・海・空につくることが重要です。

 

道は村と市場をつなぎ、豊かなヒトやモノの移動を通じて経済的な恩恵をもたらすだけでなく、学校や病院などにもつながり社会的なサービスを利用できる。

 

『道」は、まさにわれわれの世界を広げるために重要なインフラなのです」


日本の支援で現地の人の暮らしはどう変わる?

 

世界のヒトとモノを『道』でつなぐ!日本がつくる連結性とは?

※エネルギー外交の仕事をしていた際に最も多く訪問した国のひとつがアラブ首長国連邦(UAE)。「出張のたびに時間をみつけて訪れましたが、その美しさに仕事の疲れも飛んでいきます」 「自動車、電車、船、飛行機が発明され、人類は遠い距離をより早く移動できるようになりました。

 

しかし、自動車や電車が走るためには道路や川を渡る橋が、海を航行するためには玄関となる港湾が、空を飛ぶ飛行機には空港がそれぞれ必要です。こうした世界中の『陸・海・空』の点(駅、港湾、空港)を線(道路・線路、海や空の航路)で結び(connect)、ヒトやモノの移動を活性化させて、一大経済圏としてのポテンシャルを引き出し、地域・世界全体の成長・発展に貢献していくという発想が連結性の考え方です。

 

世界中から食糧や資源を運べるのも、海外旅行に行けるのも、こうした取り組みの積み重ねがあるからです」

 

インフラが整備されると、どんな可能性が生まれるのかイメージがつく?

 

いくつか例を挙げて紹介しよう。 ●道路や線路をつくる

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。