体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINE新規登録で本人認証なしでアカウント開設

LINE新規登録で本人認証なしでアカウント開設

格安SIMの契約には「音声通話付きプラン」「データ通信専用プラン」の2通りあります。音声通話付きプランでは身分証明書等の提出が必須ですが、データ通信専用プランではほとんどの業者で身分証明書不要。理論上、白ロム端末があれば匿名スマホを作れます。この匿名スマホでLINEの新規登録を試しました。

LINE新規登録を匿名スマホで実験

本人確認不要で開通手続きができ、購入してすぐに使えるのが楽天モバイルのプリペイドSIM。これに白ロム端末を組み合わせれば、匿名スマホができ上がります。この匿名スマホでどこまでできるかを実験しました。

大人気のSNSアプリ「LINE」の新規登録には、登録通知の確認のためにSMSや電話番号が必要です。このため、データ通信専用SIMはSMSに対応しないので、基本的にはLINEを新規登録できないとされています。

しかし、Facebookを経由することで検索などの機能を制限されますがアカウントの開設が可能です。そこで、データ通信専用SIMを使ってLINEを新規登録してどこまで使えるかを試してみました。

新規登録したLINEでふるふる機能

まずはFacebookからLINEを新規登録します。Facebookアカウントを適当なメールアドレスで作り、LINEを起動。「Facebookアプリでログイン」をタップしてLINEの新規登録を進めていきます。

次は、LINEアカウントをゲットするステップです。電話番号登録などをリクエストされてもキャンセル。メールアドレスとパスワードを設定して、LINEアカウントを取得できました。

実際に新規登録したLINEを使ってみると、ID検索・電話番号検索が不可でした。ただし、周囲のユーザーIDを勝手に取得できるLINEの「ふるふる機能」は使用可能。ふるふる機能でランダムに見つけたユーザーに話しかけることはできます。(文/在原裕貴)

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。