体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人の動き」に合わせて変化してくれるソファ

「人の動き」に合わせて変化してくれるソファ

忙しい1日を過ごした後は、何よりも家でくつろぎたい。お気に入りの音楽や本、テレビやラジオと共に過ごすひと時は、誰にとっても大切なはず。

その時に大事なのが身体をあずけるソファ。もしも、座ったり、寝転がったり…と過ごし方によってカタチが変わってくれるとしたら?この「Cay Canapa」とは、そういうソファだ。

フレキシブルな動きに注目

動画をチェックするのが、一番よく理解できるだろう。様々な人、様々な動きに合わせてカタチを変えていく。そのフレキシビリティに注目して欲しい。

cay sofa alexander rehn from Alexander Rehn on Vimeo.

デザインしたのは、ドイツのミュンヘンを拠点に活躍するデザイナーのAlexander Rehn。プロダクトデザインや空間デザインを数多く手がけている。機能と造形美を両立させた意匠は、バウハウスのDNAを受け継いでいるといってもいいだろう。

ソファの価格は素材によって異なるようだが、5,700ユーロ(約73万円)から。日本への輸送も受けつけているとのこと。詳しくは、こちらのサイトから問い合わせることができる。Licensed material used with permission by ALEXANDER REHN DESIGNSTUDIO

関連記事リンク(外部サイト)

北欧のインテリアショップでいちばん売れているソファ「eilersen」の秘密
「テレビをあんまり見ない、持っていない人」にとにかくおすすめしたいソファ
「人の巣ソファー」で、ゆ〜らゆら。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。