体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【話題のタイ料理】マンゴツリー初の「パッタイ専門店」がグランスタ丸の内にオープン!

タイの焼きそばパッタイ専門店「マンゴツリーキッチンパッタイ グランスタ丸の内」がオープン
8月30日にオープンしたばかりの「グランスタ丸の内」。その新店舗に、タイ料理レストラン「マンゴツリー」の新しいお店がオープンしました。今回オープンしたのは、「マンゴツリーキッチンパッタイ グランスタ丸の内」。その名前の通り、「タイの焼きそば」と言われている「パッタイ」の専門店なんですよ。

マンゴツリー初の「パッタイ専門店」

タイの焼きそばパッタイ専門店「マンゴツリーキッチンパッタイ グランスタ丸の内」がオープン
「マンゴツリーキッチンパッタイ グランスタ丸の内」は、前述した通り、「マンゴーツリー」が初出店するパッタイの専門店。パッタイはお米で作られた麺にもやしやニラ、エビや卵といった具材を一緒に炒めて、甘辛いソースでからめた料理です。

タイの焼きそばパッタイ専門店「マンゴツリーキッチンパッタイ グランスタ丸の内」がオープン
店内には小さいですがイートインスペースがあり、できたてのパッタイをいただくことができます。ここではできればすぐにパッタイを食べて欲しい! なぜなら、日本ではなかなか味わえない「クイッティオ」というオリジナルの生麺を使っているから。

タイの焼きそばパッタイ専門店「マンゴツリーキッチンパッタイ グランスタ丸の内」がオープン
生麺ならではのもちもちっとした食感を、できたてのパッタイで味わって欲しいところ。炒めたパッタイには写真右側の太い麺が使われており、通常のパッタイで使われている細麺と比べると、さらにもちもちした食感を堪能できます。

人気のパクチーがたっぷり乗ったメニューも

イートインの注文は、カウンターで行います。メニュー表を見てみると・・・

タイの焼きそばパッタイ専門店「マンゴツリーキッチンパッタイ グランスタ丸の内」がオープン
様々な種類のパッタイが。ベーシックなものから、エビが入ったもの、豚肉の入ったものなど。今、人気が高まっているパクチーがたっぷり乗ったパッタイもありますよ。パクチストの方はぜひおためしください。

今回は、海老のパッタイと、サイドメニューのグリーンパパイヤとパクチーサラダ、そしてスイカのフローズンジュースを注文してみました。

タイの焼きそばパッタイ専門店「マンゴツリーキッチンパッタイ グランスタ丸の内」がオープン
フローズンジュースは、シャーベット状になっていて、しっかりスイカ色。そして、一口飲んでみると・・・スイカそのままの味! 思ったよりも「スイカ」なので驚いてしまいましたが、ゴクゴクと飲めてあっという間に飲みきってしまいました。

タイの焼きそばパッタイ専門店「マンゴツリーキッチンパッタイ グランスタ丸の内」がオープン
パクチーがたっぷり乗ったグリーンパパイヤとパクチーサラダは、酸味と辛味の効いたタイ料理定番の料理。辛いのですが、後を引く味で、ついつい箸がのびちゃいます。シャキシャキしたグリーンパパイヤの食感も楽しめるメニューです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。