体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LOVE PSYCHEDELICOが60~70年代の洋楽を 日本でアップデイトした『THE GREATEST HITS』

今夏、約4年振りとなるオリジナルアルバム『LOVE YOUR LOVE』を発表したLOVE PSYCHEDELICOが、9月1日からはその新作を携えた全国ツアー『LOVE PSYCHEDELICO Live Tour 2017 LOVE YOUR LOVE』をスタートさせる。日本国内のみならずアジア圏でも絶大な人気を誇り、現地でのライヴも多数行なっている上、2008年には現地レーベルのラブコールに応えるかたちで全米デビューも実現。もはや日本を代表するロックバンドのひとつとも言っても過言ではない存在だ。彼らのデビューアルバム『THE GREATEST HITS』からその愛され続けるサウンドの秘密を探る。
『これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!』 (okmusic UP's)
洋邦の垣根がなくなったとの実感

LOVE PSYCHEDELICO(以下、デリコ)の出現、あるいは彼らがデビューした2000年が、例えば後に“デリコ以前/デリコ以後”と形容されるような、邦楽シーンにおける明確な分岐点であったとは思わないが、初期のヒットシングルが巷で流れている当時、“潮目が変わった”感は確実にあった気がする。それは「それを目の当たりにして“ここから時代が変わる!”との高揚感を抱いた」とかいう、よくある後出しジャンケンのような話ではなくて、気付いたら「あ、もう変わってたんだ!?」とか「やっぱり変わってたんだな」といった感じのものだった。何が変わっていたのか。明文化するのはなかなか難しいが、簡単に言うと、洋楽と邦楽との間にあった垣根がなくなっていた感じである。洋楽ロックと日本の歌謡曲との垣根がなくなっていたと言ってもいいかもしれないし、さらに言うなら、60年代、70年代のロックが垣根を超えてお茶の間に入り込んだという言い方でもいいかもしれない。ここは“一部の垣根”と言っておいたほうが面倒を回避できそうなので、そこは強調させてもらうとして──どうだろうか? 現在50歳以上の音楽ファンの中には当時、上記のような雰囲気を感じ取っていた方もいらっしゃるのではなかろうか。
『THE GREATEST HITS』のオープニングを飾るM1「LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜」。サブタイトルが付いているものの、その楽曲名はThe Beatlesの17枚目のシングルと同名…というか、そこから拝借したものであろうし、ギターリフはそのThe Beatlesもカバーしている、Barrett Strongの「Money (That’s What I Want)」へのリスペクトが如何なく感じられるものだ。音作りは90~00年代のそれであり、サウンドそのものに60年代特有のいなたさのようなものは感じられないが(この辺は後述する)、ルーズなテンポで、ギターリフがまさしくリフレインする様は極めて洋楽的だ。少なくともパッと聴きは、80年代のバンドブーム以降に多様化した日本のロックとは逆ベクトル…とまでは言わないまでも、“古き良き”時代を感じさせるものであったことは間違いない。その「LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜」から3カ月後にリリースされた2ndシングルM2「Your Song」もアコギながらザクザクとしたギターが鳴らされるイントロが印象的だった。また、そこからさらに4カ月後に発表された3rdシングルM3「Last Smile」も、打ち込みが強めではあったが(この辺も後述する)、抑制されたギターサウンドと歌の主旋律は邦楽のそれとは趣きを異にするものであった。それぞれのカップリングはさらに洋楽的で、M5「Moonly」(3rdシングルC/W)はThe Rolling Stonesを彷彿させるR&R、M8「ノスタルジック’69」(2ndシングルC/W)ではサイケデリックロック、M10「LOW」(1stシングルC/W)はカントリーと、ルーツミュージックを隠す様子がまったくなかったことも付け加えておきたい。
英語ネイティブ故の洋楽っぽさ

楽曲の特徴ということで言えば、何と言っても歌詞とKUMI(Vo&Gu)の歌唱がデリコ最大の注目ポイントであろう。

《Lady Madonna 憂鬱なるスパイダー/夢もないよ give me none of that preaching/好きな joke fake velvet & honey/冷めきってるカップのコーヒー and so on》(M1「LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜」)。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。