ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「GARDEN HOUSE CAFE」グランスタ丸の内にオープン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

鎌倉のレストラン「GARDEN HOUSE」系列店の「GARDEN HOUSE CAFE」が東京・丸の内に8月30日(水)にニューオープン。フレッシュなデリ、サラダ、サンドイッチなど「GARDEN HOUSE」の人気メニューが都内でカジュアルに食べられる≪カフェ≫と、姉妹店ベーカリー「GARDEN HOUSE CRAFTS」をはじめとした、都内有数のベーカリーのブレッドやペストリーが並ぶ≪セレクトベーカリーショップ≫の2つのデイリーショップが並ぶ、新業態のお店だ。

見逃せないのは、オープン記念で限定発売される、都内選りすぐりのベーカリーショップとコラボした「日本のパン」シリーズだ。

「日本のパン」とは、日本の食文化の中で独特の進化を遂げた菓子パンや総菜パンのこと。あんパン、クリームパン、メロンパン、カレーパンの4種類の親しみのあるパンが、有名ベーカリーの技術で仕上げられた。

コラボに参加したのは、姉妹店の「GARDEN HOUSE CRAFTS」、「シニシアン シニフィエ」、「空と麦と」、「馬場FLAT」、「レフェクトワール」、「Bakery SASA」など、人気店ばかり。

また、カフェでは、朝7時からのモーニングには、姉妹店「GARDEN HOUSE CRAFTS」特製の食パンでつくる各種「トースト」、11時30分からのグランドメニューには、バイオーダーでつくる出来立てのサンドイッチや今注目の食材「テンペ」がチョイスできる他、プロテインと野菜をしっかりとれる「5種デリ盛り合わせプレート」などが並び、鎌倉店からのファンも満足の味だ。

もちろん、パンと一緒にテイクアウトできるデリやサラダ、カフェタイムのドリンク、スイーツも豊富で飽きさせない。

パン好き、カフェ好きなら要チェックだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。