体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セビリアの基本情報と観光スポットまとめ

セビリアの基本情報と観光スポットまとめ

みなさんは、スペインの都市セビリアを訪れたことはありますか?

アメリカとの貿易港として栄え、政治や経済、文化などの分野で多くの功績を残してきたセビリア。世界遺産のセビリア大聖堂やアルカサル、インディアス古文書館などの美しい建築物があり、闘牛やフラメンコといった文化が今も活きている街です。

セビリアの基本情報とおすすめ観光スポットをご紹介します。

 

セビリアの概要

mhouse22さん(@yamakan200)がシェアした投稿 – 2017 7月 28 10:46午後 PDT

セビリアはアンダルシア州の州都で、オペラ「カルメン」や「セビリアの理髪師」などにも登場するスペインで4番目に大きい都市。さまざまな建築様式を取り入れた美しい建造物が現存する観光都市です。

 

セビリアの歴史

古代ローマ時代には「ヒスパリス」と呼ばれたセビリアは、8世紀にイスラム教に征服され約800年もの間支配を受けます。15世紀後半にスペイン王国が成立すると大航海時代に入り、新大陸との交易の拠点となる港湾都市として繁栄。

16~17世紀には、スペインで一の人口を有する都市になりますが、ペストの流行や独占貿易港としての役割の終焉などから徐々に力を無くします。その後は、バロック美術が大きく開花した場所として注目されるようになりました。

現在は、闘牛やフラメンコ、世界遺産など魅力のある観光資源と、市内を流れるグアダルキビール川の水資源を利用した農業がさかんな土地として栄えています。

 

代表的なグルメ

ガスパチョ(Gazpacho)

Christen 💁🏽Ⓥさん(@fatoldvegan)がシェアした投稿 – 2017 8月 3 7:43午後 PDT

ガスパチョは、スペインのアンダルシア地方発祥の冷製スープ。トマトやズッキーニなどの野菜に、にんにくやオリーブオイル、ビネガーなどを加えフードプロセッサーにかけ、カットした野菜をトッピングします。暑い時期にうれしいさっぱりとした味わいです。

 

ペスカード・フリートス(Pescados Fritos)

Tomas Kazlauskasさん(@gusmanas)がシェアした投稿 – 2017 7月 19 8:44午前 PDT

魚に衣をつけて揚げたり、または素揚げした「ペスカード・フリートス」。タラやイワシ、お店によっては牡蠣なども素材になる料理。塩とレモンのシンプルな味付けで食べることが多く、現地では日常食として気軽に食べられています。ビールやワインに合いますよ。

 

トルティージャ(tortilla)

Karina | Food Bloggerさん(@cafedelites)がシェアした投稿 – 2017 8月 3 6:00午前 PDT

スペイン風オムレツとして日本でもおなじみの「トルティージャ」。じゃがいもや玉ねぎなどのやさいを卵とよく混ぜ、フライパンに流し丸く焼き上げます。現地では、野菜を素揚げしてから入れることが多いのだそうです。

 

成田からのアクセス

成田からセビリアへの飛行機の直行便はないため、経由便を利用します。イベリア航空ならマドリード経由、全日空ならチューリヒ経由、KLMオランダ航空ならアムステルダム経由で、約16時間の行程となっています。
 

おすすめ観光スポット

セビリア大聖堂 (Seville Cathedral)

sanmon_folliaさん(@sanmon_follia)がシェアした投稿 – 2017 6月 30 5:23午前 PDT

15世紀から約120年もの年月をかけて建設されたセビリア大聖堂は、世界三大大聖堂に数えられる世界遺産です。街のシンボルにもなっているヒラルダの塔や大量の金を使用した豪華な木製祭壇、コロンブスの墓など、時間をかけて見学してほしいスポットです。

 
■詳細情報
・名称:セビリア大聖堂
・住所:Av. de la Constitución, s/n, 41004 Sevilla,
・アクセス:トラムT1号線 Archivo de Indias 駅から徒歩5分
・営業時間:【7・8月の月~土】9:30-16:30【9~6月の月~土】11:00-17:30【日】14:30-18:30
・定休日:なし
・料金:一般は€8.0、25歳まで€3.0、15歳未満無料
・公式サイトURL:http://www.catedraldesevilla.es/

 

アルカサル (Real Alcazar)

Pio G. Ibrahimさん(@pioibrahim)がシェアした投稿 – 2017 8月 3 2:09午後 PDT

アルカサルは、 スペイン王室の宮殿。14世紀にムデハル様式で建設されましたが、15世紀~16世紀のころ、歴代の王の手によりゴシックやルネサンスのスタイルで増築を施されたため、さまざまな建築様式が混在する建物になっています。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。