体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事で活きる「アタマの良さ」は○○で作れるんです | 勝間和代さん

f:id:kensukesuzuki:20170822173605j:plain

さまざまなシーンで活躍しているビジネスパーソンや著名人に、ファミコンにまつわる思い出から今につながる仕事の哲学や人生観についてうかがっていく本連載「思い出のファミコン – The Human Side –」。

今回ご登場いただくのは、経済評論家の勝間和代さん。さまざまなメディア出演や著述活動の一方で、大のゲーム好きという一面もある勝間さんは、東京・五反田にゲームカフェ「ウィンウィン」を自らプロデュースするほどゲーム愛にあふれている。そんな勝間さんのゲーム遍歴から、ゲームを通じて磨かれるビジネススキルについてお話を伺ってきた。

<勝間和代さん プロフィール>

1968年東京生まれ。経済評論家、公認会計士。

早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。

19歳(当時最年少)で 会計士補の資格を取得し、大学在学中から監査法人に勤務。

アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。

『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』『断る力』など著作多数。

2015年最高位戦日本プロ麻雀協会プロ試験に合格。

2016年自身がプロデュースするボードゲームカフェ「ウィンウィン」を五反田にオープン。

じつは小さい頃からバリバリのゲーマー

―― 子どもの頃からゲーム好きだったとか。

f:id:kensukesuzuki:20170822173804j:plain

私の実家は母親がすごくゲーム好きな人だったんですよ。だから小さい頃からよく母親とボードゲームやトランプや花札なんかを一緒に遊んでました。テレビゲームは任天堂の「カラーテレビゲーム15」が最初でした。

―― オレンジ色の筐体で、ツマミのコントローラーを操作して「ピンポン」とか「テニス」で遊べるゲームですね!

任天堂のゲームはそのあとの「ゲーム&ウォッチ」シリーズも、「オクトパス」とか「ポパイ」とか、たくさん持ってました。その後ファミコンが発売されましたが、その頃は中学生で、「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」といった最初期のカセットから遊んでましたね。パソコンもPC88シリーズを早くに買ってもらっていたので、PCゲームも併用してプレーしてました。「ウィザードリィ」とか「ウルティマ」あたりのRPGにハマりました。

―― そんななかでも特に思い出深いゲームはありますか?

私、高校の修学旅行にファミコンを持って行ったんですよ。ただ、自分一人で全部持ってくるのは、荷物が大変になるし嫌だったので、「あなたはACアダプターであなたはカセット、あなたはテレビとの接続に使う工具ね……」って感じで、5人くらいで手分けして。当時大人気だった『スーパーマリオブラザーズ』を泊まり先でずーっとみんなでやってました。

でも、その時に友だちと遊んでビックリしたのが、私はわりと早くに8-4までクリアできるようになっていたんですけど、ほかの友だちは1-1すらろくにクリアできないってところ。「あ、ゲーム慣れしてない人ってこうなんだ」「普通の女子高生はほんとにゲームしないんだなあ」、と。

ほかに、ものすごい時間をかけてやりこんだのが、「ダービースタリオン」シリーズ。ファミコンで初めて登場してから、歴代の先品はほぼやりこみました。実際の競馬もダビスタで覚えたと言って過言ではないですよ(笑)。

計画力、判断力、リスクマネジメント、効率化…

1 2次のページ

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。