体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【嫁さん評価★4】目からウロコの「ちくわの青椒肉絲」は邪道?でも味はがっつり本格派!

f:id:kamekichipapa:20170824102912j:plain

嫁さん評価 ★★★★☆

「ちくわは全然ありだわね、ヘルシーな感じがするし量が食べられるし。でも量食べてしまったらヘルシーではないかしら?」

娘評価 ★★★☆☆

「私的には肉が入っててほしいなぁ、パワーが感じられんわー。でもご飯にかけたら結構、おいしいかもね」

「豚肉で作るのが青椒肉絲、牛肉なら青椒牛肉絲」これ、調理学校で習った話。おかずにもツマミにも最高の「青椒肉絲」を、今回はまさかの肉なしで作ってみました。肉のかわりに使ったのは、ちくわ! ちくわで作るから「青椒竹肉絲」? カロリーも脂も控え目、でも見た目も食べ応えもそのまんま、ちっともチープに見えない傑作やで。

今回のポイントは3つ! 1つ目は、切った材料も合わせ調味料も自分の体から30cm以内、すぐに手の届く範囲に置いておくこと。中華は作るスピードがめっちゃ大事なのです。あとの2つは作り方のところで話すんで後半のお楽しみ(笑)。

かめきちパパの「チープに見えない青椒肉絲」

【材料】(2人分)

ピーマン 4個 ちくわ 1本 タケノコ水煮 30g サラダ油 大さじ3 (A) 中華スープ、醤油 大さじ2 砂糖、酒 大さじ1 オイスターソース、ごま油 小さじ1 片栗粉 小さじ1/2

作り方

f:id:kamekichipapa:20170824102925j:plain

1. ピーマンはヘタを切り落とし縦半分に切り、種と白い部分を丁寧に取り縦に5㎜幅の細切りにする。

※【ポイント2】ピーマンを細切りにするときは内側を上にして切ると包丁が滑らんと切りやすいで!

f:id:kamekichipapa:20170824102930j:plain

2. ちくわは4㎝くらいの長さで5㎜幅の細切り、タケノコも5㎜幅の細切りにする。(A)を合わせておく。

f:id:kamekichipapa:20170824102935j:plain

3. 熱したフライパンにサラダ油を大さじ2入れ、ちくわを中火で炒め焼き色がついたら取り出す。

※ちくわは火が通ったら膨らんで反ってしまうんで冷ましてもとに戻します!

f:id:kamekichipapa:20170824102939j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。