体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒステリックパニック、結成5周年を記念した 初のZEPP NAGOYAワンマン決定!

エンタメ

ミニアルバム『LIVE A LIVE』を携えて開催されたヒステリックパニックのライヴツアー『「DEAD or ALIVE」TOUR 2017』が、8月29日(火)“パニックの日”にソールドアウトとなった名古屋CLUB QUATTROからスタートした。
8月29日@名古屋CLUB QUATTRO (okmusic UP's)

『LIVE A LIVE』からの楽曲をメインに、新旧取り混ぜた楽曲で構成された今回のツアーは、どこを取ってもアグレッシブかつポップでキャッチーなヒスパニの楽曲が堪能できる内容となっており、ヒステリックパニックのライヴではお馴染み、冒頭からラストまで、まるでヒステリックパニックという名のジェットコースターに乗ったかのように、激しく飛ばしたセットリストに!

名古屋クアトロ公演はツアー初日のワンマンということもあり、フロアーは冒頭から地獄絵図が展開されたが、『「おいでよ。ヒスパニの森」TOUR』で導入された、ゆっくり安全にライヴを観たいファンのための「天国ゾーン」も健在。ヒステリックパニックの愛にあふれたライヴとなった。

そんなツアー初日の本編終了後に、ヒステリックパニックがステージ上から結成5周年記念ライヴを地元・名古屋で最も大きなライヴハウス、ZEPP NAGOYAで行なうことを発表し、ファンを驚かせた。

毎年1月4日にライブ初めとして「あけましておめDEAD! 今年もよろSICK!」と銘打ったイベントを組んでいるヒステリックパニック。結成5周年目をファンと盛大に祝うというコンセプトのもと、「お正月だし、ヒスパニ5周年だし、ツアーファイナルだし、なんかいろいろおめでたいフェスタ 2018」と題し、来年1月4日(木)にワンマンライヴを開催する。

ヒステリックパニックは2017年のライヴ初めも「あけましておめDEAD! 今年もよろSICK! 2017」をZEPP NAGOYAで開催しているが、この時点では盟友BACK LIFTとの2マンライヴであり、オープンニングアクトとしてTHREE LIGHTS DOWN KINGSが出演するイベント形式のライヴだった。レペゼン名古屋を掲げ、地元・名古屋に愛されるヒステリックパニックにとって、ZEPP NAGOYAでの単独ライヴはバンド史上初! まさに5周年記念にふさわしいチャレンジとなる。

オフィシャル第1次先行(先着)もスタートしているので、早めのチェックを!

Live photo by TAKESHI YAO
ミニアルバム『LIVE A LIVE』
発売中

VICL-64803/¥2,100+税
『お正月だし、ヒスパニ5周年だし、ツアーファイナルだし、 なんかいろいろおめでたいフェスタ 2018』

1月04日(木) 愛知 ZEPP NAGOYA

■オフィシャル第1次先行予約(先着)

受付日程:9月10日(日)23:00まで

お一人様:2枚まで

https://l-tike.com/st1/hspnzepp-hp
『「DEAD or ALIVE」TOUR 2017』
9月01日(金)千葉 LOOK

w/オメでたい頭でなにより

9月02日(土)埼玉 HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3

w/FABLED NUMBER

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会