体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

故デヴィッド・ボウイ、Spotifyで再生10億回を突破 最も再生された曲は?

エンタメ
故デヴィッド・ボウイ、Spotifyで再生10億回を突破 最も再生された曲は?

 2017年8月24日、故デヴィッド・ボウイの楽曲がストリーミング・サービスSpotifyで再生10億回を突破した。

 ボウイは死去後に様々な金字塔をうち立てている。69歳で亡くなる2日前の2016年1月8日にリリースされ、遺作となったアルバム『★』(ブラックスター)は世界中で大ヒットを記録し、同年1月に自身初の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”1位を獲得した。生前彼は“Billboard 200”TOP 10に7枚のアルバムを送り込んだが、2013年にリリースされた『ザ・ネクスト・デイ』の2位が最高位だった。

 また、彼が生前獲得した【グラミー賞】は、1980年代中頃の「Jazzin’ For Blue Jean」のビデオが受賞したのみだったが、『★』でさらに4つ受賞した。

 現在Spotifyで最もストリーミングされているボウイの楽曲は1977年の代表曲「ヒーローズ」で、英語の他にドイツ語とフランス語ヴァージョンも存在する。今年40周年を迎えるこの楽曲は9月にリミテッド・エディションのピクチャー・ディスクがリリースされる。

 さらに、彼が亡くなってから再発やボックス・セットのリリースが続いているが、新たに1977年から1982年のアルバムを集めたセット『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン [1977-1982]』が9月29日にリリースされる。国内盤は10月18日に発売予定だ。

◎Spotifyでストリーミングされたデヴィッド・ボウイの楽曲TOP 10
01. 「ヒーローズ」
02. 「レッツ・ダンス」
03. 「スペース・オディティ」
04. 「ライフ・オン・マーズ」
05. 「スターマン」
06. 「愛しき反抗/Rebel Rebel」
07. 「月世界の白昼夢/Moonage Daydream」
08. 「チェンジス」
09. 「ジギー・スターダスト」
10. 「モダン・ラヴ」

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・ボウイ、『ツイン・ピークス』新作に再登場
デヴィッド・ボウイ 1974年の【プレ・フィリー・ドッグス・ツアー】貴重なLA公演がCD化
ボウイ出演の『ラビリンス/魔王の迷宮』の続編が計画中、『ドント・ブリーズ』のF・アルバレスが監督

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会