体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】動画再生数が急伸、DAOKO×米津玄師「打上花火」が3冠で総合首位に到達

エンタメ
【ビルボード】動画再生数が急伸、DAOKO×米津玄師「打上花火」が3冠で総合首位に到達

 前週に引き続き、ダウンロード、ストリーミング、動画再生数でDAOKO×米津玄師「打上花火」が1位となり、?JAPAN HOT100”総合首位を獲得した。特に動画再生数は、前週の4,890,922回から7,474,063回へと約300万回も数字を急伸させての1位となっており、同2位のTWICE「TT」は2,467,923回で、実にトリプル・スコアの大差をつけている。米津関連楽曲は動画再生で複数曲がランクインしているが、そのなかでも「打上花火」は突出した再生数の伸びを見せており、キラー・トラックとして定着する可能性が高い。

 今週のシングル・セールスではMONSTA X「Beautiful」が68,218枚を売り上げて1位となり、続いてFlower「たいようの哀悼歌」が61,663枚で2位となる結果となったが、他指標を合算する総合HOT100では、「たいようの哀悼歌」がダウンロード、ストリーミング、ルックアップで「Beautiful」を上回り逆転、Flowerが総合2位、MONSTA Xが総合4位という結果となった。

 PCによるCD読取数を示すルックアップでは、Mr.Children「himawari」と星野源「Family Song」が激しい首位争いとなり、今週は「himawari」に軍配が上がった。Mr.Childrenといえば、フジ月9ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』主題歌「HANABI」のリバイバル・ヒットも根強く、ダウンロード3位のポイントが牽引する形で総合14位に留まる健闘を見せている。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会