体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超特急【超フェス】にココリコ&椿鬼奴が登場!“ホホホイダンス”&ボン・ジョヴィでがっつりコラボ

超特急【超フェス】にココリコ&椿鬼奴が登場!“ホホホイダンス”&ボン・ジョヴィでがっつりコラボ

 超特急の初主催イベント【HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special『超フェス』】。2017年8月28日より5日間に渡り、東京・豊洲PITにて開催されているが、この2日目にあたる29日の公演に、ココリコと椿鬼奴が参戦した。

【“超”芸人フェス】写真(全14枚)

 同イベントではCDデビュー5周年を記念し、メインダンサー&バックボーカルグループとして活躍中の7人が、毎日異なるジャンルのアーティストと共演する。この日は【“超”芸人フェス】と銘打ち、ライブの概念を超える奇想天外な構成と盛りだくさんの企画を実施。ココリコも椿鬼奴も超特急とはテレビ番組等で共演してきたとあり、そこで培った信頼感から生まれる、真の意味でのコラボレーションを見ることができた。

 まずは壮大なサウンドで未来への希望を謳う「gr8st journey」で幕開け。4月発売のシングル『超ネバギバDANCE』のカップリング曲であり、テレビ番組の企画でMVが作られた際には、ココリコの遠藤章造が車掌役で出演していた楽曲だ。メンバーカラーのつなぎを身にまとっての登場から大歓声が湧き上がり、タカシは「今日は楽しんでいこう!」と呼びかける。そして本日のゲストである二組をステージに招くと、遠藤も「すごい熱気!」とビックリ顔。椿鬼奴は「鬼姉!」と慕う7人に「鬼姉なんて言ってくれるのこの7人だけ」と相好を崩し、そんな彼らにユーキも「僕らからしたらテレビスタ―なので、同じステージに立っているのが夢のよう」と子供のように喜んでみせた。続いて最新シングル「My Buddy」では笑顔いっぱいのキュートな表情に8号車(超特急ファンの総称)も色めき立ち、ユースケは「超芸人フェス!」と雄叫び。さらに感情が七変化する「ライオンライフ」にリョウガが白目を剥く「超えてアバンチュール」と、ライブ定番曲を序盤に固め打ちして、8号車を熱狂させる。

 ここで突然「HOT! HOT!」とリョウガが謎の動きをして、タクヤに「癇に障るからやめて」とどつかれるコントじみた展開から、今日ならではのコラボコーナーへ。まずはココリコが舞台に出ると、7人は「失礼の無いように正装に着替えます」と宣言して、全員がつなぎの上から名前入りの白ブリーフを装着すれば場内は騒然。その理由を「僕ら、尊敬してやまないのが遠藤さんの“ホホホイダンス”なんです」とカイが述べて、ホホホイダンスに代わる動きにキレのあるギャグを披露するという「“超”新ギャグプレゼン大会」の開催を宣言する。「20年もやってるから、なかなか超えるのは難しいよ!」と釘を刺しながら、遠藤も本家のホホホイダンスをデモンストレーションして場内は大喝采。そしてメンバーが順に披露する趣向を凝らしたホホホイダンスに、遠藤も「ありがとう! 引き出し増えるわ」と感謝するが、最後にユースケが「♪ココリコ、ココリコ、薄力粉、強力粉~」と歌い出すと渋い顔に。おまけに8号車のコールに押され、自分はやる予定になかったホホホイダンスをするハメになって舞台袖に逃げた司会のリョウガを、コーイチが捕獲するシーンもあった。

 そして優勝者に選ばれたのは、夏をテーマにゴキ●リネタを使ったタクヤ。遠藤と二人で「♪ゴキ●リホイホイ」とステップを踏み、他メンバーも巻き込んで不思議な一体感を生み出してゆく。逆に一番ダメだったメンバーを聞かれると、間髪入れずに「ユースケくん」と返答。指名されたユースケはココリコ・田中と一緒に自作のダンス&歌を繰り出して、遠藤の不満顔とは裏腹に8号車の大歓声を呼んだ。

 さらに超特急メンバーの芸人的センスを試すために、ここで椿鬼奴が登場。遠藤チームと鬼奴チームに分かれ、カイとココリコ・田中の司会で「“ご乗車ください!”替え歌大合戦!」を繰り広げる。これは「超ネバギバDANCE」のサビ前にある“ご乗車ください!”というタカシのパートを、お題に沿って面白おかしく歌い替えるというもので、厳正なるくじ引きの結果コーイチ、リョウガ、タクヤは遠藤チーム、ユーキ、ユースケ、タカシは鬼奴チームという編成に。1対1で4試合を行い、それぞれ会場の拍手の大きさで勝敗を決めていったが、中でも“女の子の手料理がマズかった時の傷つけない一言”に当たったコーイチは「傷つけがちなんですよね、僕」と大苦戦。結果、敗北した遠藤チームの面々は首に低周波パッドを装着されて“電流ビリビリの刑”を執行され、その痺れる痛みに「無理、無理!」と悶えまくっていた。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。