ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

青い空 緑の山と 南国果実。一句詠みたくなるほどのフルーツパーラー「光楽園(ひかりらくえん)」【石垣島】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:mesitsu_la:20170708223319j:plain

それは家族愛から始まった

こんにちは。メシ通レポーターの泡です。

今回ご紹介するのは、石垣島にあるフルーツパーラー「光楽園」。

「こうらくえん」ではありませんよ、「ひかりらくえん」と読みます。

f:id:mesitsu_la:20170708222623j:plain

石垣空港から車で20分ほどの畑の中にあるお店です。

バスなどの公共交通機関では行きにくいので、レンタカーやタクシーで向かうことをおすすめします。

f:id:mesitsu_la:20170708222626j:plain

どうです、この環境!

石垣島といえば青い海のオーシャンビューのイメージですが、たまには山の景色もいいものです。

f:id:mesitsu_la:20170708222653j:plain

ナチュラルテイストのかわいいお店。

f:id:mesitsu_la:20170708222659j:plain

まずは窓口でオーダーしましょう。

f:id:mesitsu_la:20170708222708j:plain

インスタ映えもばっちりっす!

f:id:mesitsu_la:20170708222736j:plain

店頭においてある「本日のハーブティー」。

島のハーブを使った爽やかなアイスティーをセルフサービスでどうぞ。

f:id:mesitsu_la:20170708222714j:plain

お店の裏手はオープンエアの客席。どうです、この大自然!

沖縄県内最高峰の於茂登岳(おもとだけ/中央奥に薄く見えている山)が借景というぜいたくさ。

視界を遮るものがなく、見渡す限りの緑、緑、緑!

ちなみにお店の周りは果物畑になっています。

f:id:mesitsu_la:20170708222748j:plain

お店を営むのは、石垣島生まれ&育ちの兼久和菜さん(右から2番目)。

4年前にこのお店をオープンした、その理由がなんともハートフルでした。

始まりは、兼久さんのお母さんが好きな果物・グァバをたくさん食べさせたいと、お父さんがグァバ畑を作ったことでした。

ちなみにお父さんは農家とはまったく異なる仕事をしているそうです。

それなのに畑まで作ってしまうなんて、愛情深すぎぃ!

おいしいグァバがどんどん実り、お母さんは大喜び。

でもさすがに全部は食べきれない……。

あ、じゃあこれを使ってお店をしよう!

と兼久さんは思ったのだそうです。

「マンゴーほど知られていないけど、グァバもとってもおいしいフルーツだということをもっといろんな人に知ってもらえるし」

親戚にも農家がいたため、グァバ以外のフルーツも安定して入手できるという環境も幸いし、この自然豊かな場所でお店をスタート。

グァバ、パッションフルーツ、マンゴー、パパイヤ、ドラゴンフルーツなど、旬の素材を惜しみなく使い、フラッペ、スムージー、シャーベットなどのひんやりスイーツに仕上げたメニューがずらり。

「フルーツそのものの味を楽しんでほしいから」とできるだけ甘さは加えずに、香料、保存料は不使用で作っているのだそうです。

南国フルーツ百花繚乱!

まずは看板アイテムのグァバを使ったものからご紹介しましょう。

f:id:mesitsu_la:20170708222804j:plain

▲グァバシャーベット 550円

ねっとりとしたグァバ特有の甘さが生きた濃厚な味わい。

ピンクグァバならではのミルキーなピンク色もすごくきれいです。

f:id:mesitsu_la:20170708222818j:plain

▲シークァサースムージー 500円

シークァサー(シークヮーサー)は、沖縄特有の柑橘。すっきりとした酸味が愛されています。

私は、レモンとライム、すだちをミックスしたような味だと個人的に思っていて、泡盛の水割りに搾って飲むのが大好き。

f:id:mesitsu_la:20170708222829j:plain

▲フレッシュミックスジュース(グァバ&パイナップル) 600円

まずは層をくずさずそれぞれの味を楽しんでから最後にミックスするなど、好みの味わい方でどうぞ。

f:id:mesitsu_la:20170708222839j:plain f:id:mesitsu_la:20170708222845j:plain

▲パッションフルーツスムージー 600円

パッションフルーツは果肉に包まれた種のぷちぷち感が楽しい。

甘酸っぱさが、夏の暑さに疲れた身体をシャキッとさせてくれます。

f:id:mesitsu_la:20170708222925j:plain

こういう風に店頭でフルーツそのものを販売していることもあるので(不定期)、見つけたらぜひゲットしてみてください。

そして、私のイチオシがこちら!

f:id:mesitsu_la:20170708222934j:plain

▲グァバフラッペ 600円

於茂登岳に負けないほどのマウンテンっぷりにときめきます。

ピンクグァバのシロップが表面にも氷の中にもたっぷり!

どこをすくってもグァバの味です。

f:id:mesitsu_la:20170708222951j:plain

淡雪のようにエアリーな氷なので、このボリュームでも軽く食べられちゃいます。

練乳の甘さもいいアクセント。

これは必ずオーダーしてもらいたいところです。

f:id:mesitsu_la:20170708223004j:plain

▲本日のカットフルーツミックス 1,700円〜

6種類の盛り合わせで、内容は日替わり。

この日は左から、桃のような香りがするピーチパイン、身がぽろりとはずせるスナックパイン、パッションフルーツ、フルーツパパイヤ、島バナナ、スイカでした。

熟れ時、食べ時のものだけを使うので、どれも最高の味!

ちょっとお高めかと思うかもですが、それだけの値打ちはありますよ。

※価格はフルーツの数などによって変動します。

さらにさらに、自家製の焼き菓子もおすすめなんです。

f:id:mesitsu_la:20170708223034j:plain

島のフルーツを焼き込んだマフィン。

f:id:mesitsu_la:20170708223046j:plain

おみやげに最適なちんすこう。

伝統的なお菓子を「若い人がおみやげにできるものを」とかわいい星型にしたのが大好評!

このほか、トロピカルな雑貨も取り扱っています。

大自然の中で島ならではのスイーツを味わい、旅の疲れをリフレッシュ。

そんな体験ができる「光楽園」。ぜひ晴れた日を狙って訪ねてみてください。

お店情報

光楽園

住所:沖縄県石垣市平得1535-16

電話番号:0980-88-8731

営業時間:9:00~18:00(冬季は変動あり)

定休日:不定休

ウェブサイト:http://hikarirakuen.com/

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年7月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:泡☆盛子

泡☆盛子

ライター。沖縄出身、京都在住。京都の水というか食がカラダに合い、48kg肥えたのが自慢。立ち呑みと、おかずケース食堂での昼酒が好き。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

がっつり本ソーキ vs 激辛ティーダ!夏に食べたい「壱蘭」の“沖縄そば”はどっちだ?【沖縄】
空港から直行すべき島食堂「白保食堂」でガツ盛りに泣け!【石垣島】
島の母たちが作る「よろずストアー」の弁当が安くてウマい【石垣島】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。