ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』 FromAしよ!! ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』 FromAしよ!! ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』

5人組のボーカル&ダンスグループDa-iCE。8月30日に夏の終わりを彩るシングル「君色」をリリース! 新曲の話をはじめ、様々なバイトを経験して夢を叶えたメンバーに「やりたいことを形にする」秘訣を聞いてきました!

 

少しでも夢に近いバイトを選べば楽しいし、今後、役に立つはず

 

――みなさんは学生時代から、将来はダンスや歌で生きていきたい! と決めていたんですか?

想太 僕は幼い頃から「歌を歌う!」と決めていたので、10代はレッスンを受けながら、古着屋、中華料理屋、販売店など-さまざまなバイトをしていました。夢を追いかけるのにはそれなりにお金がかかるからバイトは必須です。

――バイトを選ぶ基準は?

想太 最初は「時給がいい」だけで選んでいたんですけど、将来の夢とはまったく関係のない仕事をしていると、やりがいが見つけられなくて続けられないんですよ。だから少しでも夢に近い場所でバイトしようと、レンタルビデオショップでCDレンタルの仕事を選びました。最新の音楽をチェックできることもあって、ここは2年半ぐらい続きましたね。やっぱり自分が好きなことを仕事にしたほうがいいなと。

大輝 それは僕も同感。派遣で引っ越し屋をしたり、トラックに乗ったりしたけど、どれも続かなくて。だったらダンスに関わるバイトをしたいと思って、ダンサーに人気のアパレルブランドに絞りました。何かしら、自分の夢ややりたいことに近い場所で働くと続けられるし、その後、何かにつながることもあると思うので。

 

アルバイト時代の出会いが、今でも大切な縁として続いています(雄大)

FromAしよ!! ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』

雄大 僕は歌とまったく関係のない塗装屋のバイトをしていましたけど、ここの社長との出会いはすごく大きかった。ライブの時期は仕事に出られないので「給料が減ってもいいので、ここで働かせてください」と社長にお願いしたら、「歌を頑張れ!」と反対に給料をあげてくれたんです。僕がデビューしたときはすごく喜んでくれて、今でも応援してくれています。ちなみに3日前も一緒に飲みました。

――いい話じゃないですか! アルバイト時代の縁がいまでも続いているんですね。徹さんは5人の中で唯一、就職経験があるんですよね。

徹 大学卒業後に企業で営業をしていました。でも、入社してすぐに地方勤務になり、続けることができなくて辞めました。

僕、自分が決断したら、周りが反対しようが何しようが自分を信じて進むんですよ。せっかく決まった企業をすぐに辞めるなんて、周りからは「何を考えてるんだ」と思われるだろうけど、地方に行ったらダンサーの夢は遠くなってしまう。大きな決断には勇気や責任感が伴うけれど、それを果たせば決断したことで人生がおもしろくなることはたくさんあると思うんです。

実際に会社を辞めた翌日、昔、通っていたダンススクールの関係者から電話があって、Da-iCE結成の話がきたんですよ。

 

やりたいことができない環境から飛び出したら、Da-iCEと出会えた(大輝)

FromAしよ!! ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』

大輝 決断は大切だよね。僕もオーディションに受かって、北海道から上京して今とは別の事務所に所属したんですけど、そこは演技がメインでダンスはほとんどできなくて。でも、周りからは「せっかく入ったんだから辞めるな」と言われましたけど、やりたいことができないジレンマは想像以上にキツくて、反対を押し切って辞めました。そうしたら、今の事務所に入ってDa-iCEとして活動できるようになりましたから。

――たとえ周りが反対しても、自分の決断が未来を変えていくんですね。メンバー最年少の颯さんはデビュー当時、高校生だったんですよね。

颯 幼い頃から、ダンサーとして生きていきたいと思っていたんですけど、両親からは高校で芽が出なければ大学へ行って就職しなさいと言われていたんです。でも、高校でDa-iCE結成の中心人物となった方と出会ったことで、今に至ります。

 

夢を叶えたけれど、ダンスだけに集中できないジレンマもあった(颯)

FromAしよ!! ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』

――みなさんはDa-iCEを結成して、ボーカル、パフォーマーとして活躍中ですが、夢を叶えた率直な感想を教えてください。

想太 これまでひとりで歌ってきたので、雄大くんとツインボーカルになったときに最初は正直、戸惑いました。好きなように歌っていたのが、2人で合わせることを一番に考えるようになったのは大きな変化でしたね。でも、それがグループで活動する意味だとも思いますし。

雄大 僕はもともとアカペラグループを組んでいたこともあって、想太と歌うことに問題はなかったです。それよりも、歌うだけではなくて仕事の幅がグッと広がったのは驚いたかな。

颯 わかる。僕も踊るだけじゃなくて、こうやって取材を受けたり、バラエティ番組に出たりと想像以上にやることが増えて驚いた。その分、ダンスができる時間が少なくなって、自分のテクニックが落ちた気がして悔しくなったこともありました。でも、今ではDa-iCEだからこそできることが増えたと考えるようになったので、かなりポジティブな気持ちです。

大輝 僕はそんなに変わったことはないかな。

雄大 まぁ、工藤さんはもともと変わった方ですから(笑)。

大輝 そうなんですよ(あっさり)。しいて言うなら、自分にとって最善なことより、グループにとって一番いいことは何かを考えるようになったかな。「グループとしてどう動けばいいか」という目線で物事を見るようになった気がします。

雄大 工藤さんは本当に変わった方なんで(2回目)。

徹・想太・颯 (うなずく)

――2回も言いましたけど(笑)、どんなところが?

雄大 ツンとしたイケメンかと思ったら、めちゃくちゃオタクですし。ギャップがすごい…。

大輝 (静かにうなずく)

徹 大輝も納得したみたいなので続けます(笑)。僕はデビューして仕事で関わる人が増えて、仕事の幅も広がって、責任感が芽生えましたね。そして、どんなに憧れていた夢を叶えたとしても絶対に葛藤はあると思うんです。親から「どの仕事でも理不尽なことはあるぞ」と教えられてきたので、ある程度覚悟はありましたけど。

雄大 すごい教えだね。岩岡家では「仕事は理不尽!」って教えられる家庭なんだ(笑)。

徹 言い方に悪意があるでしょ(笑)。大人になると、いろいろあるから覚悟せよ、ってことですよ。

想太 確かにメジャーデビューで理不尽の洗礼を受けたよね。キャッチフレーズが「顔面偏差値75」だから(笑)。

雄大 大人たちが決めたフレーズですからね…(遠い目)。

 

熱と行動、そして縁を大切にすれば夢へ一歩、近づく(徹)

FromAしよ!! ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』

――結果、すごく浸透したキャッチフレーズでしたから! 最後にみなさんから夢を叶えるために“これだけはやったほうがいい”ということがあれば教えてください!

雄大 調べることですね。僕は所属事務所が運営しているボーカルスクールを探して、実際に入ってデビューまでできたので。

颯 僕も所属事務所のダンススクールに入って見い出してもらったので、それは近道だと思います。

大輝 夢を叶えるために、何が一番かを考えて行動することだと思います。僕は北海道にいたので、とにかく東京へ出ようと考えたし、オーディションも受けました。地方にいるなら、手っ取り早く上京する、というのもアリですよね。

徹 熱と行動力を持って縁を大切にする。動かないと始まらないし、熱がないと続かない。この2つがあれば縁が生まれて進んでいくことがあるので。人生の中で出会える人はほんの一握りだから、出会った人には意味があると思います。

想太 いままでで一番良かった縁は?

徹 メンバーですね(即答)。ここ、太字でお願いします!

雄大 「メンバーですね」の後に(笑)をつけといてください。

徹 グッとウソっぽくなるじゃん!

 

夢を叶えるチャンスは今の時代、どこにでも転がっている!(想太)

FromAしよ!! ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』

想太 今の時代はSNSをはじめ、夢を叶えるチャンスがたくさん転がっているから、手段を選ばず行動してみるのが大事。そして今の時点ではマイナスかもしれない決断でも、今後プラスに変わることがあるから、自分の決断に自信をもつことですね。

――ありがとうございます! そんなDa-iCEのニューシングル『君色』の聞きどころを教えてください。

大輝 毎年、サマーソングはリリースしていますが『君色』は、これまでのDa-iCEにはない夏の終わりをイメージした楽曲。あったくて、でもどこか切なくなる、まさに過ぎる夏を感じられる歌です

想太 バイトを探しているときって、新しい環境に対して少し不安になることもあると思うけれど『君色』を聴きながら探せば、きっといいバイトと巡り合えますよ!

 

FromAしよ!! ボーカル&ダンスグループDa-iCEインタビュー『周りに止められても、自分の決断を信じろ!』 ■プロフィール

Da-iCE(ダイス)

工藤大輝、岩岡 徹、大野雄大、花村想太、和田 颯の5人で2011年に結成。雄大と想太の4オクターブツインボーカルと大輝、徹、颯のダンスパフォーマンスが話題となり2014年、『SHOU IT OUT』でメジャーデビューを果たす。8月30日には12枚目となるシングル『君色』をリリース。“片想いをする人の為の夏の主題歌”のような明るく切ないミッドアップソング。

取材・文:中屋麻依子 撮影:八木虎造

 

🎁Twitterプレゼント実施中🎁

今回のプレゼントは・・・

🎁プレゼント内容🎁

記事公開を記念して、工藤大輝さん、岩岡 徹さん、大野雄大さん、花村想太さん、和田 颯さんのサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

☑応募方法

1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒キャンペーン開催期間

8月30日(水)〜9月5日(火)23:59 まで

※キャンペーンは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

 

関連記事リンク(外部サイト)

ティーンに大人気!たくぽんインタビュー「楽しく働くためのコツは?」
タリーズコーヒー「バリスタコンテスト」入賞の現役音大生に聞く!“接客”のおもしろさ【バイトの達人】
美容師・金内柊真さんインタビュー「自分にしかできない何かを仕事にしたい」

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。