体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋帯で作る!切らずに作れる “お太鼓作り帯” の作り方

こんにちは!趣通信スタッフのしーまんです。

今回は切らずにできる作り帯の作り方をご紹介です♪見えないところをチクチク縫うので、不器用な人でも針目が見えないので安心です。

 

こんな帯に悩まされていたら作り帯にしてもいいかも!

・腕が背中に回らなくて帯結びが億劫

・お太鼓結びが不得意

・着付けだけで汗をかく夏帯

・自分が慣れている巻く方向と反対に柄がついている帯

・ポイント柄を出すのが大変な帯

・短い帯

・生地が弱くて強く引っ張ったら裂けそうな帯

などなど。これで着付けの悩みが解消されるかもしれません!早速作ってみましょー!

 

名古屋帯で作る、作り帯の作り方

準備するもの

・名古屋帯
・幅2センチ前後の紐80センチ×2本
・裁縫道具
・定規
・クリップ数本

では作ってみましょう!

①手先から約35センチのところにクリップで目印をつける

thumb_DSC06021_1024

一般的にお太鼓結びをした時に、両端から少し出るくらいの長さとなります。あくまでも目安です。手先を長くとりたい方は後で調整しましょう。

 

②タレの長さを決める

thumb_DSC06025_1024

先ほどつけたクリップの脇にお太鼓の端が来るようにして、タレの長さを決めます。

 

③お太鼓の下線を決める

thumb_DSC06036_1024

次に、太鼓の下線を決めます。タレの長さが人差し指一本分くらいになる位置にして、柄の出したいところが出るように中に折り込みながら調整します。

 

④お太鼓の上線を決め、形をつくります

thumb_DSC06037_1024

お太鼓の上部分を折り畳み、上線を決めます。自分の好みのお太鼓の大きさにしましょう。帯枕が入るので、その分大きめに作るといいです。

折りたたんだら、胴巻きの部分が二重になるように綺麗に重ねます。ねじれていたら直しましょう。ここで二重になることで、通常の結び方の時同様、2周巻いているように見えます。

 

 

⑤手先を中に折り込みます。

thumb_DSC06043_1024
1 2 3次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。