体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

志向別★私がもっと輝ける資格・スキル診断

f:id:keimanahensyu:20170824225423j:plain

「好きなこと・得意なことを活かした仕事をして、自分の人生を思いっきり輝かせたい!だけど、実際自分にはどんな仕事が合うんだろう…」。

そんな疑問にお答えするために、志向別に輝きタイプを分類!

今回はまず、なぜ志向に沿った仕事を目指すと良いのか、そして実際にどんなタイプがあるのかを紹介するよ。

f:id:keimanahensyu:20170331185542j:plainアドバイスを頂いたのは…

キャリアカウンセラー/「オールアバウト女性の転職ガイド」

水野順子さんAllAbout女性の転職ガイド、キャリアカウンセラーとして女性のキャリア支援、学生や若者の就職支援に取り組んでいる。http://www.mizunojunko.com

志向に合った仕事や働き方をすることで、長所を発揮できる

「人には得意、不得意や、興味の方向に特徴があり、志向に合った仕事だとより自分が輝けるんです。自分自身の志向を冷静に判断して、惹かれる志向は何かを知ることが大切です」

輝き方は人それぞれ。自分に合った輝き方を見つける

「同じ仕事でもやり方や得意なことも人それぞれですし、どの志向がいい、悪いはありません。また複数の志向がある人も多いのでこれと決めつけず多方面チェックしましょう」

あなたはどう輝きたい?輝き診断

志向別を輝き方として、5つのタイプに分けて紹介するよ。

まずは自分のタイプをチェック!

パール系、ビジュー系、LED系・・あなたはどのタイプ?

自分はどんなことが好きで、やりがいを感じるのか、直感で選んで、あてはまる項目の記号を数えてみてね。

☑どちらかというと、自分が目立つより、人を支えたい…E

☑人から「ありがとう」と言われるのが好き…A

☑自分で何かを作り出すことが好き…D

☑自分のアイデアで勝負したい…B

☑専門スキルを身につけたい…C

☑トレンドには敏感…D

☑センスには自信がある…B

☑人の成長に喜びを感じる…E

☑しっかり者だとよく言われる…C

☑SNSでよく発信している…D

☑人に喜んでもらうのが好き…A

☑面倒見が良いとよく言われる…E

☑飲み会などの幹事が得意…B

☑癒し系とよく言われる…A

☑長く安定した仕事に就きたい…C

Aが多かったあなたは…人に喜ばれたい「パール系」

おもてなしをするのが好き、人からありがとうと言われるのが好き…。そんなあなたは、どんな世代からも愛されて、品がいいパールのような輝き。ピュアな輝きで周りの人を癒して。

Bが多かったあなたは…人やモノをプロデュースしたい「ビジュー系」

自分のアイデアで勝負したい、演出するのが好きというあなたは、どんなシーンも華やかに彩るビジューのような輝きを持つ人。キラキラな煌めきで人や空間を楽しませて。

Cが多かったあなたは…専門スキルで支えたい「LED系」

さまざまな方面で困っている人を支えたい、専門スキルでサポートしたい。そんなあなたは長く安定して輝き続けるLED系。周りの人からの信頼も厚く、しっかり者の印象が特徴。

Dが多かったあなたは…流行・モノを創り出したい「ミラーボール系」

トレンドが大好き!自分から発信するのが楽しい人はまさにステージで一番目立ってい

るミラーボールの輝き。輝きを保つために地道な努力を続けられるのが強み。

Eが多かったあなたは…人に教えたい「いぶし銀系」

人を成長させることに喜びを感じる、教えるのが好きなあなたは縁の下の力持ちで、さりげない輝きが人を引き付けるいぶし銀系。比較的長く輝けることも魅力の一つ。

いかがでしたか?自分はどのタイプにはてはまりそうか、おわかりいただけたでしょうか?

次回からは、実際のタイプ毎の特徴と、オススメの資格・スキルをご紹介。お楽しみに!

構成/ケイマナニュース!編集部 取材・文/百田なつき

※この記事は2016年3月時点での情報を基に作成しています。

関連記事リンク(外部サイト)

志向別★私がもっと輝ける資格・スキル診断 ~パール系のあなた~
これで失敗しない!習い事・スクール選びのしくじり回避術 ~お悩み別!使える受講制度~
これで失敗しない!習い事・スクール選びのしくじり回避術 ~建築・インテリア編~

ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。