体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時代とともに変化する! ショップのインテリアから見た「東京の街」

変化する東京の街、インテリアに注目したショップめぐりのススメ

東京は、あらゆる「最先端」が集まる場所。なかでも、カフェ・レストラン・ホテル・商業施設などの建築物は、東京の街を日々進化させています。しかし皆さんは、時代とともに変化していく建築物の内面に注目したことがあるでしょうか。建築物の内装、特にインテリアを見ることで、東京という街をさらに理解できる――。そう話すのは『TOKYOインテリアツアー』の著者で、建築家・デザイナーの浅子佳英(あさこ・よしひで)さん。今回は浅子さんに、東京で見るべきインテリアスポットや、その楽しみ方について伺いました。

数年で店舗が変わってしまうスピードの速い街だから、最新のデザインに出合える

浅子さんは、インテリアデザイナーの安藤僚子さんと共に2013年から東京のインテリアを見て回るツアーを企画し、その記録を一冊の本『TOKYOインテリアツアー』(LIXIL出版)として出版しました。【画像1】インテリアツアーをガイドするインテリアデザイナーの安藤僚子さん(中央)と建築家の浅子佳英さん(右端)(写真提供/浅子佳英)

【画像1】インテリアツアーをガイドするインテリアデザイナーの安藤僚子さん(中央)と建築家の浅子佳英さん(右端)(写真提供/浅子佳英)

「インテリアツアーを始めたのは、インテリアを学ぶためのアーカイヴが必要だと思ったからなのです」

浅⼦さんによると、⽇本では建築と違って、インテリアについての学術的な研究や批評がほとんどないとのこと。⽇々改装されていくショップ・インテリアの歴史が残されていないのは残念だと、友人の安藤僚子さんとSNSで参加者を募り、インテリアツアーを始めたそう。

浅子さんは「東京のインテリアや商業建築は、世界でも5本の指に⼊る」と話します。「東京のショップは更新速度が速く、好きなショップが2年でなくなることも。しかしポジティブに捉えれば、そのときの最新作が目の前にある街なのです」

なかでもおすすめなのは、ショップのインテリアに注目すること。東京のホテルやレストランにも一見に値するインテリアが並んでいますが、利用するのに費用がかかります。

「ショップなら、少し勇気をもてば誰でも⾒学できますからね」

と、アドバイスしてくれました。

ショップを飾る最新のインテリアデザインを見て回ると、自分はどんなインテリアが好きなのか、真似したい色づかいはどれかなど、自宅のインテリアに取り入れたいアイデアが見つかる楽しみもありそうです。

街の個性とショップ・インテリア、影響し合いながら変化し続ける

では、実際にインテリアを楽しむ街歩きのポイントはどんなところにあるのでしょうか。

「東京のなかでもエリアごとに特性があり、街歩きをすると違いが⾒えてきます。その街の成り⽴ちや、過去からの変化を知ると、ショップ・インテリアの⾒⽅も深まります」

例えば、渋谷区・神宮前の裏原宿エリアにある「Cat Street(キャットストリート)」と呼ばれる遊歩道は「元々、渋谷川という川だったので道がうねっています」。

周辺の建物の建て替えが進んでも、「Cat Street」はあくまで側溝を埋め立てたスペースで道路ではなかったので、両脇に立ち並ぶ建物は建て替えができませんでした。その結果「古家のリノベーション店舗なので賃料が安く、若者向けのショップが軒を連ねた」という歴史があるとのこと。

その後、「Cat Street」は道路に指定され、この道沿いにも新しいビルが立ち並ぶようになり、だんだんと“裏”ではなくなっていきました。ショップのインテリアも尖ったデザインからポピュラーなデザインへと、客層に合ったインテリアに変化してきたのだそう。【画像2】裏原宿「Cat Street」(写真/PIXTA)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。