体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Aimer、初の日本武道館単独公演が大盛況のうちに幕

一度聞いたら忘れられない、深みのあるハスキーボイスが話題の女性シンガーAimer(エメ)。8月29日(火)に開催した自身初となる日本武道館でのワンマンライブ「Aimer Live in 武道館 ”blanc et noir”」には、平日にもかかわらず会場には13,000人ものオーディエンスが来場した。
8月29日(火)@日本武道館 (okmusic UP's)

オーディエンスに360度囲まれたセンターステージには、バンドメンバーにも囲まれる形で、白いドレスを身にまとったAimerが武道館のど真ん中に堂々と立った。1stアルバムの1曲目も飾った「TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR」でライブは幕を開け、その優しくも圧倒的な存在感の唄声を会場内に響き渡せつつ、爽やかな疾走感溢れる楽曲「スピカ」を続けて披露。その後は「カタオモイ」「March of Time」など、今年5月3日にリリースした初のベストアルバム『BEST SELECTION “blanc”』に収録の優しいバラードの数々を披露し、“blanc(白色)”をテーマに掲げた前半は「蝶々結び」で感動的に幕を閉じた。

数分間の転換の後に、漆黒の闇に包まれた会場の中心には黒いドレスを身にまとったAimerが再び登場。TK(凛として時雨)が楽曲提供した「us」を披露し、前半から一変してパワフルでエモーションな後半“noir(黒色)”が幕を開けた。

「Brave Shine」「RE:I AM」などの代表曲を披露する中、10月11日にリリースされる通算13枚目のシングルに収録の新曲「花の唄」も初披露された。「花の唄」は2017年10月14日公開の劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」I.presage flower主題歌で、同作品の劇伴音楽を手掛ける梶浦由記が楽曲提供・プロデュースを手掛けており、Aimerも「デモをいただいた時から、虜になってしまった。」と楽曲への思い入れを語った。

ライブ終盤にはベストアルバムから“新規一転”という気持ちを込めたという「zero」もパフォーマンスし、4thアルバムのラストを飾った「Stars in the rain」で本編を締めくくった。

鳴りやまない拍手にこたえて、「花の唄」同様に最新シングルに収録される新曲「ONE」をアンコールで初披露。Aimerとしては珍しいアップテンポナンバーに会場はこの日一番の一体感に包まれた。アンコールの最後はデビュー曲「六等星の夜」を披露。同楽曲が新たなアレンジで生まれ変わり、最新シングルにも収録される「六等星の夜 Magic Blue ver.」がコニカミノルタプラネタリウム“天空”リニューアルテーマソングとなることも発表された。

なお、今回のライブは全国26か所の映画館ならびに香港、台湾、韓国でもライブビューイングにて生中継が実施された。香港では開催前より全会場が完売となっており、武道館会場内、日本全国、さらには海外に渡って、Aimer初の日本武道館ワンマンライブは大盛況の後に幕を閉じた。

photo by Taku Fujii

【セットリスト】

M01 TWINKLE TWINKEL LITTLE STAR

M02 スピカ

M03 あなたに出会わなければ

M04 星屑ビーナス

M05 Re:pray

M06 カタオモイ

M07 March of Time

M08 蝶々結び

M09 us

M10 holLow wORlD

M11 LAST STARDUST

M12 Brave Shine

M13 花の唄

M14 RE:I AM

M15 zero

M16 Stars in the rain

<アンコール>

En1 AM02:00

En2 ONE

En3 六等星の夜
シングル「ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.」
2017年10月11日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

SECL-2209/¥1,500(税抜)

<収録曲> 

■CD ※全形態共通

M1「ONE」

M2「花の唄」

※劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅰ.presage flower主題歌

M3「六等星の夜 Magic Blue ver.」

※コニカミノルタプラネタリム“天空”リニューアルテーマソングと

M4「糸」

※トヨタホームTVCMソング・中島みゆきカバー

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。