体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

慶良間(ケラマ)諸島に行ってきた私がお勧めする抜群の透明度を誇る海ケラマブルー!

慶良間(ケラマ)諸島に行ってきた私がお勧めする抜群の透明度を誇る海ケラマブルー!

皆さんは2014年に国立公園に指定された、沖縄県に位置する慶良間(ケラマ)諸島という離島をご存知でしょうか。

この記事では大自然の宝庫、慶良間諸島の魅力に迫ります。

 

慶良間諸島とは

慶良間諸島は、沖縄本島の那覇市から船で50分程の海上に位置し、大小20余りの島々から成り立ちます。”ケラマブルー”と世界から称されるほど美しい海は、2014年3月5日に31番目の”国立公園”に指定されました。

 

 抜群の透明度を誇るケラマブルーの海

photo by satoka

透明度の高い海が数多くある沖縄ですが慶良間諸島の海の美しさは断トツです。一度訪れたら慶良間諸島の魅力にはまってしまうこと間違いないでしょう!

この美しいケラマブルーを求めて世界中からダイバーが集まります。

 

ウミガメと一緒に泳げるかも!

photo by PIXTA

実はこの慶良間諸島、浅瀬であってもウミガメと遭遇できる確率が高いんです。ダイビングやシュノーケリングでウミガメを探しにいくツアーがあるくらい人気で、地元の人々曰く、港からウミガメが泳いでる姿を目にすることも多いんだとか。

透明度の高さを誇る慶良間諸島ならではの日常ですね!

 

慶良間諸島の島々とそれぞれの特徴

渡嘉敷島

photo by PIXTA

慶良間諸島の中で最も大きな島。真っ白な砂浜が続く阿波連(あはれん)ビーチが有名です。マリンスポーツを求めて海外からもダイバーが集まります。
■詳細情報
・名称:渡嘉敷島
・アクセス:那覇市泊港からフェリーで約70分、高速船で約35分

 

座間味島

photo by PIXTA

慶良間諸島のほぼ中心に位置します。古座間味ビーチが有名でサンゴ礁や熱帯魚を見ることができます。

1月から3月の間はホエールウォッチングで繁殖や子育ての為にやってくるクジラを見ることもできます。
■詳細情報
・名称:座間味島
・アクセス:那覇市泊港からフェリーで約90分から120分、高速船で約50分から70分

 

阿嘉島

photo by PIXTA

人口300人程の小さな有人島。ニシハマ(北浜)ビーチでは太陽に輝く白い砂浜が見渡せます。

慶留間(げるま)島・外地(ふかじ)島と橋で繋がっていて、バイクや自転車をレンタルしてアクセスすることもできます。
■詳細情報
・名称:阿嘉島
・アクセス:那覇市泊港よりフェリーで約90分、高速船直行で約50分

 

ナガンヌ島

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。