体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大名の人気料亭が作る“大人のかき氷”とは?【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20170706183050j:plain

冬の“ぜいたく肉まん”に続く、意表をついた夏のデザート

ユネスコの無形文化遺産に登録された「博多祇園山笠」(7月15日早朝がフィナーレ)が終わって、福岡の街もいよいよ本格的な夏に突入!

昨年12月に料亭ならではの極上食材と遊び心で作る、A4黒毛和牛を使ったほっかほかの“ぜいたく肉まん”をご紹介した博多料亭「稚加榮(ちかえ)」だが、またまたのご登場ということは、それに勝るとも劣らぬインパクトのある夏限定メニューがあるという訳だ。

今回、夏の到来を待って、満を持して取材させていただいたのが、昨年から話題になっている「稚加榮」の大人のかき氷「わさびかき氷」。「わさびかき氷」とはまた、辛いのか甘いのか、さっぱり想像がつかないのだが……。

f:id:mesitsu_lb:20170706183121j:plain

「稚加榮」の大きな風格ある建物。取材を終えた10:30頃には、早くも人気のランチ(500食限定)に並び始める人がちらほら。

f:id:mesitsu_lb:20170706183235j:plain

「稚加榮」のシンボルとも言える、さまざまな魚貝が泳ぐ大きないけす。これを1周囲むようにカウンターがある。

f:id:mesitsu_lb:20170706183412j:plain

こちらが夏限定、「稚加榮」オリジナルのかき氷メニュー。かき氷の提供時間は14:00以降。

定番の「いちごミルク」や「抹茶金時」ももちろんぜいたく!

かき氷は3種類あり、定番の「いちごミルク」「抹茶金時」に、件(くだん)の大人のかき氷「わさびかき氷」。「いちごミルク」も「抹茶金時」も定番とは言え、料亭「稚加榮」が作るんだから、ひと味もふた味も違う。

まず驚くのは氷のふわふわ加減。歯を微細に調整したかき氷機で特製の氷を削るため、ふわふわ感がハンパない。口に入れるとフワッとした印象を残しながら、跡を引きずることなくサッと消えていく。

旬のフルーツがたっぷりのった「いちごミルク」に、濃厚な抹茶の風味がたまらない「抹茶金時」。どちらも料亭ならではの高級感に、満足すること間違いなし。

f:id:mesitsu_lb:20170706183532j:plain

「いちごミルク」1,080円(サービス料別途10%)のシロップはいちごとマンゴーのツートンカラー。厚切りの旬のフルーツがたっぷり添えられる(この日はマンゴー・パイナップル・キウイ・オレンジ・サクランボ)。いけすを眺めながらかき氷とは、まるで水族館のカフェのようではないか!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。