体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MUCC、20周年記念ライヴ日本武道館2daysの模様を WOWOWで独占放送

6月20日と21日に日本武道館で行われた、MUCC史の20年の集大成と言えるライヴ。フォーク、ヘヴィ・ロック、エレクトロ。そして、今年リリースされた最新アルバムで魅せた自らの原点と対面したバンドサウンドへの回帰。この2日間で、20年間の変わらぬ軸と、変貌と進化のすべてを見せつけてくれたのである。
6月20日@日本武道館 (okmusic UP's)

公演1日目。突然響き始めた秒針音と共に客席の照明が落とされ、ステージから放たれていた強い光が1秒ごとに灯火を失い真っ暗な闇に会場は包まれた。と、次の瞬間、ドラム台を囲むように灯った2つの松明の明かりがその場を照らした。ゆっくりとステージに姿を現した4人が、松明の明かりに浮かび上がる。とても厳かな空気を受け、オーディエンスは静まり返った。そんな中、SATOちのどっしりと構えたドラムから1曲目「朽木の塔」のイントロが始まった。この曲は、MUCCが初めて武道館のステージに立った、2006年6月6日『MUCC WORLD TOUR “TOUR FINAL「666」”』の始まりの曲と同じである。《終らぬ過去を引きずって 朽木の上を偽足で歩く》と歌われる、過去の罪への深い贖罪は、MUCCの歴史の中で特別な位置にある1曲だ。彼らは初の武道館でこの曲を封印し、未来へと歩むことを決めた。それから11年経ったこの日、その封印を解き「朽木の塔」から幕を開けたのである。20周年という節目に、徹底的に過去と対面することを選んだ彼らは、この封印を解く事で、MUCCというバンドと真正面から向き合う覚悟をしたに違いない。

“初めての武道館で『朽木の塔』から始まった時は、極度の緊張と、1曲目から全身の力を込めた唄い方によって、一気に喉のバランスを失ってしまったことから、ライヴの中盤くらいまで上手く力を抜くことが出来なくて、自分が納得いく唄が歌えなかったのがすごく悔しかったけど、この日は力が入り過ぎることなく歌えた。2日目は純粋に自分たちもライヴを楽しめたしね。何よりも、よくファンが付いて来てくれてるものだなって思ったね”と、ボーカルの逹瑯は2日間のライヴを振り返る。いつもMUCCのセットリストはミヤ(Gu)が決めているのだが、今回の武道館のセットリストは、逹瑯(Vo)とYUKKE(Ba)とSATOち(Dr)であったという。

“YUKKEと2人で近くのファミレスに行って、逹瑯とはその場でメッセージのやり取りをしながら3人で話して決めていったよ。最初は40曲くらい候補曲があったかな。そこからいろいろと話して、バランスを考えて組み立てていった感じ”(SATOち)

“『朽木の塔』で始まることは決まっていたから、そこは絶対として、全体の流れを見ながら並びを考えていった。旧曲と最新曲たちをどうバランス良く絡めていくかというところにも、すごく気を遣ったかな。20日に『朽木の塔』から始まって、21日のラストを『ハイデ』で締めくくっているのが、この2日間の武道館ライヴの肝だったと思うし、見所でもあると思う”(YUKKE)

MUCCとは、実に不思議なバンドだ。新旧の曲が見事に溶け合っていた景色も、実に印象深いものだったのだ。中でも、最新曲である「りんご」が、旧曲か?と錯覚するほどの馴染み方をしていたことや、当時のままのアレンジで届けられた「1979」が、スキルアップしたサウンド感により、最新のMUCC曲かと思うほどに表情を変えていたことも、20周年を意識した、このセットリストならではの不思議であったように思えてならない。「朽木の塔」という特別な序章からはじまった1日目は、彼らが歩んできた歴史を鮮やかに蘇らせた。

公演2日目。ステージから客席を照らす透明な光が、宙を彷徨う中、4人が姿を現すと、オーディエンスは大きな歓声で彼らを迎え入れた。真っ白な衣装に身を包んだ逹瑯は、両手を大きく広げた後、ゆっくりと言葉を発した。

“20年間の中で出逢えた全ての人たちと、まだ見ぬ未来のあなたへ。心から、心からの感謝を。ありがとう———”(逹瑯)

美しくも激しい「脈拍」が客席へと流れ込む。20年という歴史を積み上げてきた彼らが生み出した、最新のMUCCである。ラウドなサウンドの中に、どこまでも現実的で赤裸々な感情を乗せながらも、ロマンチシズムなメロを漂わせる彼らの個性は、聴き手を一気にMUCCの世界へと引きずり込んだ。前日の重く、暗い緊張感の漂う世界観とは異なり、ディスコサウンド的な4つ打ち曲や、デジタル要素が強く取り入れられたサウンドも多くみられた。「ファズ」は、彼らが初めてエレクトロニカを取り入れたナンバーでもあり、大きくバンドの音やイメージを変化させたきっかけとなった1曲だ。特別な開放感を含んだヘヴィチューンである「KILLEЯ」では、スタンディングエリアに巨大なサークルモッシュが出現するという、ここ最近のMUCCのライヴを眺めることが出来た。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。