体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

学生に伝えたい、社会人になった私がちょっぴり後悔している3つのこと

生活・趣味
学生に伝えたい、社会人になった私がちょっぴり後悔している3つのこと

「海外に行くなら若いうちに!」とはよく言われますが、私もその意見に賛同する内の1人です。

高校卒業後、大学に入学する人、就職して社会人になる人、様々な進路があるかと思いますが、アルバイトまたは正社員として稼いだ給料を元に、ここから旅に出る機会が一気に増えるのではないでしょうか。

私も、自分のお金で海外を旅するようになったのは、大学生のときでした。

社会人となった現在でも、旅行欲は全く衰えることなく旅を続けているのですが、ふと10代の頃を振り返ってみて、こうしておけば良かったな…ああしておけば良かったな…と思うことがあります。

本記事では、そんな私が、旅関連で「ちょっぴり」後悔していることを書いてみました。

 

1.免許をAT(オートマ)限定で取得してしまった

photo by pixta

私は大学に入学してすぐ、車の運転免許を取りました。

その際、免許をMT(マニュアル)で取るか、AT(オートマ)限定で取るかを選択するのですが、当時の私は、特に深く考えずにオートマ限定を選びました。

その理由として、特殊な職業にでも就かない限り、日常生活でマニユュアル車を運転する機会なんてほぼ無いだろうと思ったからです。

また、オートマ限定のほうが講習期間が短く、かつ取得費用が安くてお財布に優しかったということもあります。

実際に教習所に通ってみると、男性はマニュアルが多いものの、女性の大半はオートマ限定を選択しているようでした。

 

しかし、18歳の私に言いたい。

マニュアル免許を取っておくべきだったと!!!

photo by pixta

確かに過去の私の想像通り、「日本」で生活していく上ではオートマ限定でも全く不自由しなかったのですが、世界各国を周る旅人としてはそういったわけにはいきません。

旅をしていると、現地でレンタカーを借りて周遊する機会が増えてきます。

公共交通機関が発達していなかったり、旅行会社のツアーで行くと超高額だったり、自分の好きな場所を自由に周れるメリットから、レンタカーを利用する旅人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、すべての国が日本のように、レンタカー=オートマ車が当たり前、というわけではないのです。まず、オートマ車はレンタル代が高いです。国にもよりますが、マニュアル車と料金設定が全然違ったりします。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会