体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桑田佳祐、アルバム『がらくた』が ソロアーティストによる2017年度最高売上を記録

エンタメ

桑田佳祐のアルバム『がらくた』が8月23日に発売を迎え、その作品性と話題性の高さに音楽ファンから大反響を呼んでいる。8月29日に発表となったオリコンの週間CDアルバムランキングでは1位を獲得! さらに、iTunesの週間アルバム・ランキングやmoraのウィークリーアルバムランキングなどをはじめとする各配信サイトのウィークリーチャートでも軒並み1位を記録し、音楽チャートを席巻している。桑田佳祐のソロアルバムによる1位獲得は、アルバム『TOP OF THE POPS』(2002年11月発売)から4作連続、ベストアルバムを含む通算6作目とのこと。 また、今作の初週売上16.8万枚は、2017年度(集計期間:2016年12月12日〜)のソロアーティストによるアルバム最高売上を記録する結果となった。
桑田佳祐 (okmusic UP's)

新曲の「若い広場」が連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌になったことや、キャリア初となるBillboard Live Tokyoで行った1日300人限定の超貴重なライヴ、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』へのソロとして15年ぶりの参加をはじめ、雑誌やメディアでの大展開に話題が事欠かなかった桑田佳祐だが、何よりも音楽ファンからの注目を集めていたのが、ソロとして約6年ぶりのリリースとなった『がらくた』だ。2016年にリリースしたシングル「ヨシ子さん」「君への手紙」にて発表されていた楽曲も多数収録され、前代未聞の15曲中9曲がタイアップという超大作なだけに、すでにお茶の間に浸透し耳馴染みのある楽曲が多い今作。発表時には、““がらくた”は、ありとあらゆる要素が無作為に交錯する現代社会の見立てであり、そんな無意味に積み上げられた“がらくた”の中にこそ、ものごとの本質や素晴らしさが宿っている”と桑田がイメージしていたと言うように、桑田佳祐ソロの中での最高傑作であり、2017年日本の音楽シーンにおいての金字塔との呼び声も高く、話題を呼んでいる。

8月24日に放送されたNHK『SONGSスペシャル』では、番組として今年一番の視聴率7.0%を記録し、テレビ朝日系『MUSIC STATION 2HSP』に出演した際に披露した楽曲「ヨシ子さん」がSNSのトレンド入りするなど、注目度の高さをうかがわせる大型の露出が続く中、8月29日放送のNHK『うたコン』に生出演することも決まっている。桑田佳祐ソロ30年目の圧倒的な存在感と共に、『がらくた』の話題はまだまだ続きそうだ。
アルバム『がらくた』
2017年8月23日発売

【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)

VIZL-1700/¥4,800+税

【初回生産限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)

VIZL-1701/¥4,500+税

【初回生産限定盤C】(CD+特製ブックレット)

VIZL-1702/¥3,500+税

【通常盤】

VICL-65000/¥3,300+税

【アナログ盤】 

VIJL-61800〜1/¥4,300+税

※完全生産限定

※オリジナル特典「オリジナルB2ジャケットポスター」付

<収録楽曲>

1. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)

2. 若い広場(平成29年度前期・NHK連続テレビ小説「ひよっこ」主題歌)

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会