体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベリーグッドマン、尼神インター誠子とガチ合コン!?

ベリーグッドマンのニューシングル「Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly」のMVのショートバージョンが公開された。
「Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly」MV (okmusic UP's)

楽曲は男女の出会いの場における“あるある”シチュエーション。 男性に騙された女性たちが傷を負いながらも前を向いて歩いていくという、がんばってる女性への応援の意を込めた楽曲なっているが、耳を奪われるノリの良い印象的なサウンドと共に届けられるサビの「Pain Pain Go Away(痛いの痛いの飛んでいけ)」というメッセージは、すべてのリスナーがどこかで抱える“ストレス”を開放してくれる。

そして、MVではゲストに尼神インターの誠子を迎え、ガチ合コンと言わんばかりに楽曲の世界観をキャッチーに表現。チャラ男に扮したベリーグッドマンのメンバー3人が、女の子をあの手この手でお持ち帰りを狙っていく。そんな中、男性陣の期待を裏切り尼神インターの誠子が遅れて登場。合コンに遅れてくるだけあって絶対イイ女と期待していた男性陣は期待を裏切られがっかりし、誠子そっちのけで合コンを進めていく。 歌詞の内容に沿って進んでいくストーリー展開と誠子さんの演技に要注目だ。

この楽曲は、9月6日のCD発売に先駆けて、9月1日より先行配信をスタート!  詳しくはベリーグッドマンのオフィシャルHPにて。
「Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly」MV(Short ver.)

https://www.youtube.com/watch?v=4gbha39ksG4【ベリーグッドマン コメント】

ドラマのオープニング曲というプレッシャーと、初のフィーチャリング曲という不安がありましたが、HiDEXの新しくも艶やかなトラックに身を委ねながら思う存分自分たちらしいメロディを乗せることが出来ました。

「嫌な男あるある」を歌詞にすることで、サビのPain Pain Go Away(痛いの痛いの飛んでいけ)

という言葉の色味が増すのではないかと思い、結構むちゃな言葉を使ったりして、でもカッコよく聴こえるフレージングで攻めた楽曲に仕上がりました。

恋愛ソングというよりは「悪い男に騙されないで!」という「予防線ソング」的なイメージがあります。でも女性にとっては「おまじないソング」でありたいとも思うので、カラオケやライブなどでサビを思いっきり歌ってもらいストレスをマイクにぶつけて欲しいと思っています。ぜひお聴きください。
シングル「Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly」
2017年9月6日発売

UPCH-7350/¥1,200(税込)

<収録曲>

1.Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly

2 まずはそこから -Berry Mix-

3 It’s more love -Remix-

4 Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly (Instrumental)
アルバム『SING SING SING 5』
2017年10月4日発売

UPCH-7356/¥3,780(税込)

<収録曲>

■CD

01.イントロ

02.Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly

03.Future

04.ハイライト

05.大切なもの

06.ずっと

07.片想いの恋

08.One Love

09.Anniversary

10.飲みニケーション

11.You

12.とにかくこの瞬間だけはアイドルになりたくて

13.はじまりの恋 -Album Ver.-

■DVD

『ベリー・バンド・セッション Vol.1』

ウグイス

Mornin’

ライオン

おかん~yet~

【通常盤】(CD)

UPCH-2137/¥2,500(税込)

<収録曲>

■CD

01.イントロ

02.Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly

03.Future

04.ハイライト

05.大切なもの

06.ずっと

07.片想いの恋

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。