体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ニッチな趣味】「爆音浴」をご存じですか

f:id:Meshi2_IB:20170711072703j:plain

誰も知らないようなマイナーでちょっと変わった趣味、一見無意味だけどハマるとやめられなくなる趣味、「それ、何が面白いの?」とみんなからツッコミを受けてしまう地味すぎる趣味……。

世の中にはその人にしかわからない「ニッチな趣味」を持つ人々がたくさん存在するんです。そんな孤高の趣味人たちの食卓がどんなものなのか、ちょっと知りたくありませんか?

今回登場していただくのは、

「爆音浴」という謎の趣味をお持ちのこちらのお方、クロスケさんです。

f:id:Meshi2_IB:20170627141708j:plain

山手線の爆音スポット

f:id:Meshi2_IB:20170627141417j:plain

普段はフォトライターをしているクロスケさんと待ち合わせをしたのはこちら、都営浅草線の泉岳寺駅。

こちらの駅の近くに「いい爆音」が聞ける爆音スポットがあるんだそう。

A4出口を出たところにある地図で、これから行く場所を教えてくれた。

f:id:Meshi2_IB:20170627141436j:plain

クロスケさん:ここにあるガード下がですね、もう爆音好きにはたまらない最高のスポットなんですよおおお!!!!

僕も散歩に関する記事を書くことが多いので、ここのガードのことはよく知っている。「ギリギリガード」あるいは「ちょうちん飛ばしのガード」とも呼ばれる、とにかく高さの低いガードだ。ちなみに「ちょうちん」というのは、タクシーの屋根にのっているマークのこと。

クロスケさん:ここのガード下の、山手線と京浜東北線の2本の線路の真下が爆音浴に最適のスポットなんです!!!!

f:id:Meshi2_IB:20170627141427j:plain

ーーなるほど。ところでそもそも「爆音浴」ってなんなんですか?

クロスケさん:とにかくですね、デカい音、つまり爆音を体全体で浴びて最高の気分に浸ること。それが「爆音浴」なんです。そして、「爆音浴」ができる場所のことを私は“爆音浴場”と呼んでいます!!!!

それじゃ、爆音浴場へむかいましょうか。

f:id:Meshi2_IB:20170627141442j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。